shiro-shita

  1. 不動産売却のチェックポイント動産の扱いについて

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント4 室内外の動産ってやっぱりゴミなの!? ​

    引き続き不動産売却のチェックポイントについて記載します。<第1回>権利証・登記識別情報通知<第2回>抵当権等の不動産に設定された権利<第3回>完…

  2. 売却チェックポイント 完璧な隣地との境界の状態とは!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント3 完璧な隣地との境界の状態とは!? ​

    引き続き不動産売却のチェックポイントについて記載します。<第1回>権利証・登記識別情報通知<第2回>抵当権等の不動産に設定された権利不動産売買に…

  3. 不動産売却のチェックポイント2 抵当権等の不動産に設定された権利

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント2 抵当権等の不動産に設定された権利 ​

    前回、不動産売却のチェックポイント第一回として、権利証・登記識別情報通知について記載しました。<前回の記事>不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記…

  4. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​

    「不動産を売る。」そんな頻繁に経験することではないので、詳細をわざわざ自分で確認しないで不動産会社に一任した方が合理的と思うかもしれませんが、&…

  5. これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提!?

    不動産知識・テクニック

    災害列島日本だからこそ これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提か

    立地選びの勝ち組は居住誘導区域内 区域外は資産価値も生活利便性も下落!?近年の豪雨災害も実は想定内!?昨年の西日本豪雨では大雨で堤防が決壊して家が流さ…

  6. 限界マンションや再建築不可物件の価格

    不動産知識・テクニック

    負動産の価格はいくらか? 限界マンションや再建築不可物件など ​

    限界マンションに再建築不可、共有持分に事故物件まで 様々ある負動産前回、負動産の価値について記載しました。<前回の記事>”負動産”はいったいいくらなのか…

  7. ”負動産”はいったいいくらなのか ​

    不動産知識・テクニック

    ”負動産”はいったいいくらなのか ​

    負動産が疑われる市街地から離れた原野、山林、農地の価格を考えてみましょう昨今、活用や維持管理が困難で所有者のお荷物、足枷となる不動産が社会問題化していま…

  8. 相続税取得費加算の特例

    不動産知識・テクニック

    相続税を支払った人もこれで少しは気が軽くなる!?「相続税取得費加算の特例」 ​

    相続税取得費加算の特例というものがあります。簡単に言うと、相続により取得した不動産を売却して譲渡益がある場合、支払った相続税相当額を控除できると…

  9. 負動産問題で仲介手数料増額に

    不動産知識・テクニック

    低額不動産の売買時における仲介手数料が増額されものの、それでもなお”負動産”問題には懸念が残る件 ​…

    低額不動産の売買仲介手数料を増額するほど負動産問題が深刻ということ 空家や所有者不明地といった”負動産”が社会問題化する中で、宅地建物取引業法が改正され、不…

  10. 土地所有者から借地権を解約するには!?

    不動産知識・テクニック

    土地所有者から借地権を解約するには!? 

    地権者からの借地権解約は簡単ではありませんが、チェレンジするならこの方法! 前回、前々回と不良不動産の解決方法について記載しましたが、今回は借地についてです…

  1. 売却チェックポイント11不動産売却時に譲渡所得税でガツンとえぐられる!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント11 売却時に譲渡所得税がドカンと来る!?
  2. 自分探しの旅の末に発見した

    個人的なはなし・意見

    自分探しの旅の末に発見した不都合でしょぼい自分
  3. 事業者が壁にぶつかったときは根性よりも経営理念が大切

    個人的なはなし・意見

    事業者が壁にぶつかったときは根性よりも経営理念が大切
  4. 不動産を保有するには理由が必要!?

    不動産知識・テクニック

    これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​
  5. それなら不動産営業はどうすべきか!?②

    業界動向

    それなら不動産営業はどうすべきか!?②
PAGE TOP