賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?

不動産知識・テクニック

アパート・マンションオーナーが賃貸市場のイノベーターになるメリットはほとんどない!? ​ 仙台の賃貸物件のオーナー向け

賃貸物件の新たなかたちとして、カスタマイズ賃貸とかペット共生とかリノベーションとかを謳うものが出てきていますが、

それをそのまま、しかも仙台でやるのはあまりおすすめできません。

伸びる物件とそうでない物件がある 地方は厳しい

そういった新しいものはたいてい東京発ですが、東京と仙台ではだいぶ違います。

リノベーションについていえば、言葉自体は10年以上前からあり、仙台でも事例がそれなりにありますが、

定着しないのは効果が思ったほどないからです。

東京の立地のいい物件であれば、1000万円をリフォーム費用に充てて月額賃料10万円アップはあり得ますが、

仙台だと家賃の上限が知れているので同じ1000万円のリフォームをしても賃料アップは3万円とかだったりします。

これはプロ的な感覚かもしれませんが、伸びる物件とそうでない物件ってあるのです。

仙台では後者が圧倒的です。

リスクを取っても実は効果は限定的

不動産賃貸業では最初にリスクを取って成功したとしても、それで特許を取ったり、他社にノウハウ提供して収益を得ることは基本的にはありません。

その物件の稼働率が上がったり、高利回りになるくらいです。

コミュニティ賃貸って仙台にそんな顧客層が存在するかどうかも怪しかったりしますが、それを一か八かで作るのと、一般的なアパートを作るのとではリスクは大きく違いますが、利回りはたぶんそれほど変わりません。

誰かがやってうまくいったら二番煎じする方が合理的です。

アパマンオーナーがすべきことはなるべくリスクを取らず費用対効果を最大化

とはいえ、そういった新しい動きをまったく気にしなくていいという訳ではありません。

市場に新しいコンセプトの物件が供給されると競争環境や顧客ニーズに変化が生じていきます。

最初のうちはほとんど影響がないでしょうが、そのまま何もしないでいるといつの間にか物件がいかにも時代遅れで気が乗らないものになっていきます。

今、自分の物件が競合物件に対してどのような状況にあって、いつ、どのように手を加えれば最も費用対効果が高いかを常に検討すべきでしょう。

 
起業家として成功したいのであれば新しいビジネスモデルに果敢に挑戦してイノベーターを目指すべきでしょうが、

同じ事業家ではあっても起業家とアパート・マンションオーナーは別ジャンルです。

世間の空気に流されず、自分の土俵で勝負しましょう。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​前のページ

これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​次のページ不動産を保有するには理由が必要!?

ピックアップ記事

  1. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  2. 2020年代住まいプランはもっとハックできる【住まいハック総論】
  3. 大家・管理者のための入居審査の勘所
  4. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  5. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…

関連記事

  1. 賃貸物件の入居策まとめ

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件の入居策まとめ

    不動産賃貸業はこれから逆風が予想されます。これまでは物件を所有…

  2. 売却チェックポイント11不動産売却時に譲渡所得税でガツンとえぐられる!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント11 売却時に譲渡所得税がドカンと来る!?

    引き続き不動産売却のチェックポイントについて記載します。<第1…

  3. コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか③
  4. コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか!?①
  5. 「事故物件リスク」という モンスターを制御する方法①

    不動産知識・テクニック

    ”事故物件リスク”というモンスターを制御する方法①

    事故物件リスクは対処不能・制御不能のモンスターとなりつつある心理的…

  6. リフォームやホームステージングをして売るべきか!?
  1. 不動産売却の媒介契約の選び方

    不動産知識・テクニック

    不動産売却の際の媒介契約は不動産の特性と不動産会社の業務スタンスによって判断 ​…
  2. 刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①

    不動産知識・テクニック

    刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①
  3. どうみてもしょぼい不動産会社が潰れないのはなぜか?

    ダメな不動産

    どうみてもしょぼい不動産会社が潰れないのはなぜか?
  4. 初歩からの農地法①

    不動産知識・テクニック

    初歩からの農地法①
  5. 負動産問題で仲介手数料増額に

    不動産知識・テクニック

    低額不動産の売買時における仲介手数料が増額されものの、それでもなお”負動産”問題…
PAGE TOP