賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?

不動産知識・テクニック

アパート・マンションオーナーが賃貸市場のイノベーターになるメリットはない!? ​ 仙台の賃貸物件のオーナー向け

賃貸物件の新たなかたちとしてカスタマイズ賃貸とかペット共生とかリノベーション等が出てきていますが、

それをそのまま、しかも仙台でやるのはおすすめできません。

伸びる物件とそうでない物件がある 地方は厳しい

そういった新しいものはたいてい東京発ですが、東京と仙台ではだいぶ違います。

リノベーションについていえば、言葉自体は10年以上前からあり、仙台でも事例がそれなりにありますが、

定着しないのは効果が思ったほどないからです。

東京の立地のいい物件であれば、1000万円をリフォーム費用に充てて月額賃料10万円アップはあり得ますが、

仙台だと家賃の上限が知れてるので同じ1000万円のリフォームをしても賃料アップは数万円程度でしょう。

伸びる物件とそうでない物件があり、仙台では後者が圧倒的です。

リスクを取っても効果は限定的

不動産賃貸業では最初にリスクを取って成功したとしても、それで特許を取ったり、他社にノウハウ提供して収益を得るまではほとんどしないでしょう。

コミュニティ賃貸って仙台にそんな顧客層が存在するかどうかも怪しかったりしますが、それを一か八かで作るのと、一般的なアパートを作るのとではリスクは大きく違いますが、稼働率や運営コストを考慮した利回りはそれほど変わらなかったりします。

誰かがやってうまくいったら二番煎じする方が合理的です。

アパマンオーナーがすべきことはなるべくリスクを取らず費用対効果を上げる

起業家として成功したいのであれば新しいビジネスモデルに果敢に挑戦してイノベーターを目指すべきでしょうが、事業者がすべてイノベーターという訳ではありません。

特にアパート・マンションオーナーの多くは長期安定経営を目指しているでしょうから、ハイリスク&ハイリターンなイノベーター的手法は方向性真逆です。

世間の空気に流されず、自分の軸をしっかり持つべきです。

 
ただし、そういった新しい動きをまったく気にしないのもナンセンスです。

新しいコンセプトの物件が供給されると競争環境や顧客ニーズが徐々に変化します。

自分の物件が置かれている状況や、顧客ニーズの向かう先を見つめ、新しい動きも参考にしつつ費用対効果が高い物件運営を検討すべきだと思います。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​前のページ

これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべき次のページ不動産を保有するには理由が必要!?

ピックアップ記事

  1. 大家・管理者のための入居審査の勘所
  2. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  3. 祖父の愛したゴミと不動産①
  4. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

関連記事

  1. 不動産知識・テクニック

    アパート・マンション自主管理マニュアル⑯「マーケット調査」

    独りよがりな自主管理オーナーにならないようマーケット調査で肌感覚を磨く…

  2. アパートにも修繕積立金
  3. 不動産知識・テクニック

    アパート・マンション自主管理マニュアル⑥「滞納者への督促・回収」

    第6回は賃料を滞納する入居者への対応方法です。アパート・マンシ…

  4. 今後のアパート経営はより厳しくなる

    不動産知識・テクニック

    今後のアパート経営はより厳しくなる アパート経営者の心構え

    アパート経営は楽で儲かる?もし、自分で事業をするとしたら以…

  5. しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産で固定収入を得る方法は様々!低価格帯の不動産をキャッシュで購…

  6. 不動産コンサルティングって何?どういうときに必要なの? ​

    不動産知識・テクニック

    不動産コンサルティングってよく聞く言葉だが、何をするのかよくわからない件 ​

    不動産コンサルティングって何?どういうときに必要なの?不動産コンサ…

  1. 不動産会社の査定書の注意点とマユツバな会社の判別法

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント9  不動産会社の査定書の注意点 & マユツバな会社…
  2. 生産緑地法の2022年問題

    業界動向

    生産緑地法軽減措置終了による2022年問題 とはいえ、そんなの様々ある下落要因の…
  3. 個人的なはなし・意見

    テレワークが快適ならいっそのこと独立すべき! ノンレバレッジ独立のすすめ
  4. 初歩からの農地法①

    不動産知識・テクニック

    初歩からの農地法①
  5. 個人的なはなし・意見

    自営業の鉄則
PAGE TOP