不動産を保有するには理由が必要!?

不動産知識・テクニック

これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​

今後、大部分の不動産は価値下落!?

これからの日本の不動産市場は三極化すると著名な不動産コンサルタントの長嶋修さんが言っています。

上位は現在の価値を維持もしくは上昇しますが、上位に含まれるのは東京をはじめとする主要都市の中心部の駅から徒歩7分以内のエリアで、たかだか15%とのことです。

70%を占める中位は緩やかに下落、

下位の15%は限りなく無価値となります。

 
東北では仙台ですら上位地域がないかもしれません。あっても極僅かの中心部です。

大部分は中位以下となりますが、固定資産税といった保有コストが下がることは考えにくいです。

そうなると、これまでは不動産を売却する際に理由を求められたのですが、今後は不動産をそのまま保有することにも明確な根拠が必要となるでしょう。

不動産を保有する理由としては下記のようなものが考えられます。

1.保有している方がメリットがある

不動産から賃料収入があり、それが不動産の価値下落を補って余りあればもちろん保有すべきです。

また、自宅であっても、第三者に貸した場合の賃料収入と、替わりの住まいを借りた場合の家賃支払い等を今後の家族構成の変化を考慮してシミュレーションし、そのまま保有するのがメリットがあるか考えてみるのがいいでしょう。

そして、仮に親から譲り受けて原価がゼロだとしても、仮に売却した場合に得られる金額(売却にかかる経費を差し引いた後の金額)が投下されているとみなして、保有するのと、その資金を引き上げて別の投資をするのとどちらが合理的か判断すべきです。

また、相続発生までは相続税評価が低い不動産にしておくというのも保有のメリットといえます。

2.売ることができない

売却しても不動産に設定されている抵当権を抹消できないとか、不動産の共有者間で考えをまとめられない、もしくは売りたいものの市場性がなさ過ぎて売れないという場合です。

「売却しても不動産に設定されている抵当権を抹消できない」というのは危険な領域には違いありませんが、確かに売却は不能です。

3.将来活用する可能性がある

今は利用していないが将来子どもが帰って来た際に利用する可能性があるといった場合です。

不動産は一旦売ると基本的に買い戻すことはできないので、確かに保有しておきたいところです。

4.売ると損失が確定するから

高い価格で購入しているので売ると損が確定するため売りたくないというのは感情的にはわかります。

もちろん本人の判断なので、私ごときがとやかく言うものではありません。

これまでの価値観に縛られるか、今の時代に最適化するか

理想は1で、4は本当はNGです。

2はまた別の問題で何らかの対処が必要でしょう。

3はできれば将来活用するまでもそれなりの有効利用ができると望ましいでしょう。

「先祖代々の土地なので自分の代で溶かしてはならない」
「不動産は必ず値上がりする」
「隣地は借金してでも買え」

といったこれまでの不動産の価値観に縛られ思考停止にならず、現代的に合理的にものを考えましょう。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?アパート・マンションオーナーが賃貸市場のイノベーターになるメリットはほとんどない!? ​ 仙台の賃貸物件のオーナー向け前のページ

不動産売却時、査定価格の高さだけに目が行くと、最も大切なものを見失う可能性が大 ​次のページ不動産の価格査定書を見る上で最も大切なこととは?

ピックアップ記事

  1. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  2. 祖父の愛したゴミと不動産①
  3. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  4. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  5. ”負動産”はいったいいくらなのか ​

関連記事

  1. しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産で固定収入を得る方法は様々!低価格帯の不動産をキャッシュで購…

  2. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

    不動産知識・テクニック

    賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

    どんな間取が残念な間取なのか!?前回、間取の表記&専有面積ではわか…

  3. 投資用不動産探し2.0

    不動産知識・テクニック

    いい投資用不動産がなかなか見つからないときは「投資用不動産探し⒉0」 ​

    いい投資用不動産を探すのは難しいですよね…投資用不動産を購入したい…

  4. 古アパート&古貸家が陥りやすい問題とは? ​
  5. 「事故物件リスク」という モンスターを制御する方法②

    不動産知識・テクニック

    事故物件リスクというモンスターを制御する方法②

    事故物件対応社会2.0を目指して前回の記事で事故物件リスクの本質的…

  6. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    よっぽどの勝負師でなければ不動産投資を勝ち抜けないという真実…不動…

  1. 災害に備えるために役所に相談してみよう!①

    不動産知識・テクニック

    災害に備えるために役所に相談してみよう!①
  2. 不動産売却のチェックポイント14 決済時に一緒に行う固定資産税等の精算は深入りするとメダパニ!

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント14 決済時に一緒に行う固定資産税等の精算は深入りす…
  3. 不動産融資監視強化 ​

    業界動向

    金融庁が不動産融資監視強化 サラリーマン投資家にとどめ 地銀もついにビジネスモデ…
  4. 相続のときに困る不良不動産とは?

    不動産知識・テクニック

    相続のときに困る不良不動産 あなたのご両親もお持ちかも!? ​
  5. リフォームやホームステージングをして売るべきか!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント7 リフォームやホームステージングをして売るべきか!…
PAGE TOP