不動産の価格査定書を見る上で最も大切なこととは?

不動産知識・テクニック

不動産売却時、査定価格の高さだけに目が行くと、最も大切なものを見失う可能性が大 ​

不動産価格査定書は価格の高い低いよりもその不動産の資産価値を適切に見積もっているかが大切です。

 

査定価格が高いのは、資産価値が高いのか、それとも不動産会社が仕事をほしいのか

不動産を売却しようと不動産会社に連絡すると、まずは不動産会社が価格査定を行います。

売主としてはなるべく高く売りたいので査定価格は高いにこしたことないです。

愛着があったマイホームならなおさらで、価格が高いと自分が褒められているような感じになりますし、低いと自分がけなされているような感覚にすら陥ります。

ただ、査定価格が高いからという理由だけで依頼する不動産会社を決定するのは危険です。

というのは、不動産会社にとって売主はお客様なので各社獲得に躍起です。売却の依頼に際し、他に競合仲介会社があるとわかると、とにかく高額に査定してくる不動産会社が多いです。

不動産会社としては売れそうにない条件だとしても、依頼さえ受けれれば、後日、値引きを依頼することもできると、他社に取られるよりましだと考えるのです。

内容が薄く、様々な可能性に触れることなく、価格だけ高い査定書を出してくる不動産会社は特に注意です。

悪意のある不動産会社に乗せられるのは自己責任

そして、そういう会社に限って自信満々に売れると断言してくるものです。

査定書の内容、論理性が薄く、とりあえず他社を出し抜こうとしている会社の軽口に乗せられたとしても、それは売主の自己責任と言えるでしょう。

 
査定価格は現状の資産価値を適切に見積もっているかが重要であり、

その上で、より良い条件で売却できるような販売プランを提案すべきなのです。

査定価格を適切に見積もらない不動産会社の販売プランははなから適当と思って間違いありません。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

不動産を保有するには理由が必要!?これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​前のページ

日本で違法白タクが増える問題 「安全性がーっ!」て叫ぶよりもタクシー業界は進化すべきなのではないか ​次のページ違法白タクが増える…

ピックアップ記事

  1. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  2. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  4. アパート1棟買っちゃいました ~個人的不動産投資談①~
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

関連記事

  1. 司法書士の本人確認&意思確認
  2. 住まいプランハック番外編 【実家住まいのすすめ】

    不動産知識・テクニック

    住まいプランハック番外編 【実家住まいのすすめ】

    実家住まいは究極の住まいプラン&スター養成所多くの人が求める住…

  3. まず第一にすべきは賃貸物件の現状分析!

    不動産知識・テクニック

    まず第一にすべきは賃貸物件の現状分析!

    ご自身の物件を客観的に把握してみましょう賃貸不動産の空室が…

  4. 賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?
  5. しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

    賞味期限切れ建物で目一杯稼いで最後は解体して土地で売る低価格帯の不…

  6. 賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割 ​

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割とは ​

    インターネットやスマートフォンにより借り手の物件探しが大きく変わってき…

  1. 災害に備えるために役所に相談してみよう!②

    不動産知識・テクニック

    災害に備えるために役所に相談してみよう!②
  2. 不動産売却のチェックポイント2 抵当権等の不動産に設定された権利

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント2 抵当権等の不動産に設定された権利 ​
  3. 負のループに陥る中小企業の採用育成

    個人的なはなし・意見

    負のループに陥る中小企業の人材採用・育成
  4. 賃貸物件に高齢者を受け入れるにはどうする?

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件に高齢者の入居を受け入れるならソフト面からってのを具体的に検討する アパ…
  5. 不動産賃貸業で向き合わなければならない本質的なこととは?

    不動産知識・テクニック

    不動産賃貸業で向き合わなければならない本質的なこととは?
PAGE TOP