売却目的は重要

不動産知識・テクニック

不動産を売却するときに最も大切なことは、売却目的を明確にすること​

不動産を売却するのは手段であり、それにより実現したい何かがあるはず

売却目的って例えばどんなの?

不動産の売却というといくらで売れるかばかりがクローズアップされますが、不動産の売却はあくまでも手段であり、それ自体が目的ではありません。

不動産を売却する目的は、例えば

  • 住宅ローン支払い中のマイホームを売却し、ローン支払いを終わらせたい
  • 引越しにより利用しなくなった or 相続で取得したが使用しない or 何年も未放置で今後利用予定がない
    → 不動産を所有し続けるデメリット(固定資産税・管理責任・相続の際に揉めるリスク)から逃れたい
  • 投資用に取得した不動産だが売却し利益確定させたい
  • 相続税納税資金を確保したい
  • 不動産は相続財産だが複数の相続人で分けるにあたり換金したい
  • 今なら高く売れそう

 

目的をはっきりさせた上で、いくらで、いつまで売るか、売却にあたり先行投資が可能か、どのような手順で売却を行うかを検討していきます。

目的があやふやだと、手段を選び間違ったり、ゴールに辿り着かなかったり

不動産会社の中には売却目的を確認しないで、販売価格、販売方法と話をどんどん進めていく人もいて、そうすると自分の中でも興味が売却目的から移っていきますが、

目的が曖昧なまま販売すると、販売開始後に考えが変わったりして、不動産会社や購入者を困惑させたり、売却したものの目的は達せられないといった本末転倒な事態になりえます。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

インスペクション制度建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​前のページ

私を含めたアラフォー世代は被害者と認定される ただ、過酷な状況はエンドレスに続く模様 ​次のページアラフォー就職超氷河期世代

ピックアップ記事

  1. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  2. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​
  3. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  4. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  5. ”負動産”はいったいいくらなのか ​

関連記事

  1. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    不動産知識・テクニック

    不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    こんな時代いかに現実的に不動産投資を行うか?最近は副業を認める企業…

  2. 古貸家・古アパートの入居者退去交渉に必要なものは?

    不動産知識・テクニック

    古貸家・古アパートの入居者退去交渉に一番必要なもの ​

    老朽化した賃貸物件からの退去交渉を甘くみてはいけません老朽化し入居…

  3. しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

    賞味期限切れ建物で目一杯稼いで最後は解体して土地で売る低価格帯の不…

  4. 不動産売却の媒介契約の選び方

    不動産知識・テクニック

    不動産売却の際の媒介契約は不動産の特性と不動産会社の業務スタンスによって判断 ​

    宅建士のテキストでも必ず出てきますが、不動産の販売を不動産会社に依頼す…

  5. 不動産を保有するには理由が必要!?

    不動産知識・テクニック

    これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​

    今後、大部分の不動産は価値下落!?これからの日本の不動産市場は三極…

  6. 不動産会社の査定書の注意点とマユツバな会社の判別法
  1. しょっぱい不動産投資「月極駐車場」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資 「月極駐車場」編
  2. 「しょぼさ」が「強さ」に変わるマイペースビジネス

    個人的なはなし・意見

    「しょぼさ」が「強さ」に変わるマイペースビジネス
  3. 不動産会社のステカン

    ダメな不動産

    どうでもいい不動産業界知識 市中に蔓延するステカン 不動産会社は違反と知りながら…
  4. 「事故物件リスク」という モンスターを制御する方法①

    不動産知識・テクニック

    ”事故物件リスク”というモンスターを制御する方法①
  5. 実はダメ人間多い事業家

    個人的なはなし・意見

    実はダメ人間多い事業家
PAGE TOP