売却目的は重要

不動産知識・テクニック

不動産を売却するときに最も大切なことは、売却目的を明確にすること​

不動産を売却するのは手段であり、それにより実現したい何かがあるはず

売却目的って例えばどんなの?

不動産の売却というといくらで売れるかばかりがクローズアップされますが、不動産の売却はあくまでも手段であり、それ自体が目的ではありません。

不動産を売却する目的は、例えば

  • 住宅ローン支払い中のマイホームを売却し、ローン支払いを終わらせたい
  • 引越しにより利用しなくなった or 相続で取得したが使用しない or 何年も未放置で今後利用予定がない
    → 不動産を所有し続けるデメリット(固定資産税・管理責任・相続の際に揉めるリスク)から逃れたい
  • 投資用に取得した不動産だが売却し利益確定させたい
  • 相続税納税資金を確保したい
  • 不動産は相続財産だが複数の相続人で分けるにあたり換金したい
  • 今なら高く売れそう

 

目的をはっきりさせた上で、いくらで、いつまで売るか、売却にあたり先行投資が可能か、どのような手順で売却を行うかを検討していきます。

目的があやふやだと、手段を選び間違ったり、ゴールに辿り着かなかったり

不動産会社の中には売却目的を確認しないで、販売価格、販売方法と話をどんどん進めていく人もいて、そうすると自分の中でも興味が売却目的から移っていきますが、

目的が曖昧なまま販売すると、販売開始後に考えが変わったりして、不動産会社や購入者を困惑させたり、売却したものの目的は達せられないといった本末転倒な事態になりえます。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

インスペクション制度建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​前のページ

私を含めたアラフォー世代は被害者と認定される ただ、過酷な状況はエンドレスに続く模様 ​次のページアラフォー就職超氷河期世代

ピックアップ記事

  1. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  2. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  3. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
  4. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  5. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​

関連記事

  1. 初歩からの農地法①

    不動産知識・テクニック

    初歩からの農地法①

    日本の平野の半分は農地。でも、農家以外はほとんど知らない農地法農地…

  2. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    不動産知識・テクニック

    不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    こんな時代いかに現実的に不動産投資を行うか?最近は副業を認める企業…

  3. 限界マンションや再建築不可物件の価格

    不動産知識・テクニック

    負動産の価格はいくらか? 限界マンションや再建築不可物件など ​

    限界マンションに再建築不可、共有持分に事故物件まで 様々ある負動産…

  4. コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか③
  5. 不動産の価格査定書を見る上で最も大切なこととは?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却時、査定価格の高さだけに目が行くと、最も大切なものを見失う可能性が大 ​

    不動産価格査定書は価格の高い低いよりもその不動産の資産価値を適切に見積…

  6. 本気で負動産問題を解決しようと思ったら

    不動産知識・テクニック

    本気で負動産問題を解決しようと思ったら

    負動産問題解決の鍵は考え方、やり方、エージェントを変えること負動産…

  1. 高齢者の入居ニーズを取り込むために物件を改修するといっても老人ホームと張り合うようなおおごとではない ​

    不動産知識・テクニック

    高齢者の入居ニーズを取り込むために物件を改修するといっても老人ホームと張り合うよ…
  2. 会社の1期目が終わりました!

    個人的なはなし・意見

    会社の1期目が終わりました!
  3. 個人的なはなし・意見

    テレワークが快適ならいっそのこと独立すべき! ノンレバレッジ独立のすすめ
  4. 負動産問題で仲介手数料増額に

    不動産知識・テクニック

    低額不動産の売買時における仲介手数料が増額されものの、それでもなお”負動産”問題…
  5. 一見すると安い投資用不動産あるある

    不動産知識・テクニック

    一見すると安い投資用不動産あるある
PAGE TOP