本気で負動産問題を解決しようと思ったら

不動産知識・テクニック

本気で負動産問題を解決しようと思ったら

負動産問題解決の鍵は考え方、やり方、エージェントを変えること

負動産問題を解決するためには!?

社会問題化するほど負動産問題は難しい訳ですが、現時点で負動産を本気で解決しようとする場合に必要なことをまとめてみました。

まずは考え方を変える

市街地から離れた原野、山林、農地といったいわゆる負動産が現況のまま売れるかもということを否定できる根拠はありませんが、

自分にとっても世の中の多くの人にとっても煩わしく、客観的な経済価値がなさそうなものを誰かがわざわざお金を出して引き受けてくれるというのはミラクルなことです。

 
中にはそのミラクルが起こる人もいますが、それはほんの一握りです。

 
そして、ミラクルを目指すことが解決への近道ではなく、負動産の迷宮にはまり込まないためには、むしろ、ミラクル頼みからの脱脚し、なるべく現実的な路線へと向かわなければなりません。

 
また、負動産は自分が主体的にならないと解決しない問題です。

経済性のある不動産が未活用のまま放置されていれば頼みもしないのに不動産屋やアパートメーカーが営業してきますが、

負動産のように経済性があるか疑わしいものは業者が進んで寄ってくることはありません。

そして、不動産は消失することがないので、解決しない限りは延々と誰かが引き継いでいかなくてはなりません。(もしくは相続をすべて放棄するかです)

もし、ご自身が解決を諦めた場合、ご兄弟やお子様に託すことになりますが、一般的にはその不動産に対し知識も思い入れも低く、そのまま放置され、二次相続、三次相続が発生し権利者がおびただしい数になるとさらに解決が難しくなります。

 
当事者の気持ちと記憶が風化する前になるべく早めに解決すべきです。

 
現実的な考えと強い当事者意識を持つことで、まわりの人も一生懸命になるという好循環が生まれます。

負動産問題解決へのロードマップを作成

負動産問題は手探りで着手することが多く、どうしても場当たり的に対応になってしまいますが、それだと迷宮入りの危険性が高いです。

できれば、全体のロードマップを作成し、どの時点で次のフェーズに移行すべきか最初から決めておくべきです。

 
フェーズが4段階あるのはなるべく有利な条件で処分するためですが、何も順番に取り掛かる必要はありません。

最初の時点で全てのフェーズを検討してフェーズごとの見込価格を算出するのが望ましいです。

 
多くのケースではフェーズ1に該当しない場合に、とりあえずフェーズ2の現況販売に移行しがちですが、

その時点で、フェーズ3を行う場合の造成費用と、フェーズ4の有償処分する場合の費用を算出しておくのです。

さらに言えば、フェーズ3は所有者自らが造成工事する場合と、第三者が不動産を現況で引受けて造成工事する場合に第三者が支払う土地の対価の2種類を算出するのが望ましいです。

それらを出した上で期限を切ってフェーズ2での販売を行うといいでしょう。

エージェントは普通の不動産屋ではなく専門業者に

そして、これらを一緒に取り組むエージェントを誰にするかも重要な問題です。

とりあえず知り合いの不動産屋に頼みたくなりますが、その不動産屋がそういった市街地から離れた原野、山林、農地を専門的に扱うならいいのですが、普段やりなれずあまり自信がないということであれば途中で頓挫する可能性が大です。

それなら物件に近い不動産屋ならいいのではと思いますが、その不動産屋と何度も会って話せるならいいですが、ただ物件に近いという理由で電話で依頼されただけだと、難易度が高い物件を任せるには不向きです。

 
やはり、こういった不動産を専門に扱う会社が望ましいです。

そういった専門会社のサービスはこれまでの不動産屋の売買、仲介のサービスとは別物と考えた方がいいです。サービスの内容が違うので課金体系も違います。

 
そんな会社に知ってるとこなんてないよ、という方が大半でしょう。

それなら私(筆者)がやりますよ、と言いたいところですが、

どうしても東北在住の方(物件は東北でなくても可ですが受けられないエリアもあります)に限られます。

 
一応、知り合いの業者が全国対応しています。
株式会社KLC

 
他にも少しずつ増えてきているようですので探してみましょう。

負動産問題に取り組むということは”自分のルーツ”を見つめ直すこと

負動産問題の解決に取り組む
ある方が言っていたのですが、「マイホーム購入時には自分や家族のこれまでの生き方、これからの生き方を見つめ直すことになる」と、

それと同じことが負動産問題にも言えます。

 
ただ、負動産の方がよっぽどディープです。

 
苦しい時代を生き抜き、気付いたらすでに老いが迫り、入院や介護、そして最後には一人で死んでいった親の人生をどう自分の中で受け止めるか、

親の人生を考えると結局は自分自身をも見つめ直すことになり、

その作業の過程でこれまで無意識的に掛けていた蓋をいくつも開けることになります。

楽しい作業ではありませんが、いつかは向き合い決着を付けなければなりません。

 
これまで負動産に手を付けられなかった方や手を付けたものの途中で頓挫してしまった方、改めてチャレンジする際に参考にしていただけると幸いです。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

最新記事 by shiro-shita (全て見る)

負動産問題は挫折する!?負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?前のページ

祖父の愛したゴミと不動産①次のページ祖父の愛したゴミと不動産①

ピックアップ記事

  1. 大家・管理者のための入居審査の勘所
  2. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  4. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  5. 祖父の愛したゴミと不動産①

関連記事

  1. これから仲介者が担うべき 役割についての持論

    不動産知識・テクニック

    これから仲介者が担うべき役割についての持論

    最もふさわしい人が自然と買い手となる市場構造を実現すべき!前回の記…

  2. しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「その他」編

    不動産で固定収入を得る方法は様々!低価格帯の不動産をキャッシュで購…

  3. 古貸家・古アパートの入居者退去交渉に必要なものは?

    不動産知識・テクニック

    古貸家・古アパートの入居者退去交渉に一番必要なもの ​

    老朽化した賃貸物件からの退去交渉を甘くみてはいけません老朽化し入居…

  4. 売り手自らが不動産を主体的に売却するための「販売戦略」の立て方

    不動産知識・テクニック

    売り手自らが不動産を主体的に売却するための「販売戦略」の立て方

    不動産売却戦略立案のための4P分析前回は売り手自らが主体的に行う現…

  5. 不動産をダメ元で高く売りに出すのってアリ!?
  6. 2020年代住まいプランはもっとハックできる 住まいハック総論

    不動産知識・テクニック

    2020年代住まいプランはもっとハックできる【住まいハック総論】

    多様なライフプランが許容され、夥しい住まいがストックされる今、逆張り住…

  1. 農地法の手続き・農地を処分したいときは

    不動産知識・テクニック

    初歩からの農地法②
  2. 投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​

    ダメな不動産

    投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​
  3. これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提!?

    不動産知識・テクニック

    災害列島日本だからこそ これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提か
  4. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ②一部の地元小企業はヤバイ!

    個人的なはなし・意見

    大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ②一部の地元小企業はヤ…
  5. それなら不動産営業はどうすべきか!?①

    業界動向

    それなら不動産営業はどうすべきか!?①
PAGE TOP