投資用不動産探し2.0

不動産知識・テクニック

いい投資用不動産がなかなか見つからないときは「投資用不動産探し⒉0」 ​

いい投資用不動産を探すのは難しいですよね…

投資用不動産を購入したいと思いながらも、なかなかいい物件に巡り合わず月日だけが過ぎていくと、ちょっと探し方変えてみようかなと思うことでしょう。

ただ単にインターネット不動産検索サイトを眺めていた「投資用不動産探し1.0」からバージョンアップした「投資用不動産探し2.0」をまとめてみました。

物件の条件を下方修正する

今まで利回り10%で探していたのを8%に下げたり、駅から20分圏内を30分にしたり、築10年以内を20年まで許与したりします。

まぁ、通常の発想ですね。

ただ、金融機関の融資を使う場合、条件を下げると、融資の条件も下がったりしてうまくいかなかったりします。

不動産会社を営業回りしてネットワーク構築

足を使って不動産会社を回って担当者と親しくなります。

もしかしたら未公開物件や掘り出し物があるかもしれませんし、新規物件をいち早く教えてもらえるようになるかもしれません。

ダメ元で値引きを要求してみる

5000万円で利回り8%の物件を1000万円値引きしてもらえば利回り10%になります。

下手な鉄砲数打ちゃ当たると値引き要求を繰り返せばもしかしたら運良くことが運ぶことがあるかもしれません。

不動産屋の担当者に次回はこいつに物件紹介しないと思わせないよう、指値はきつくても、口調と表現は柔らかくです。

物件を購入後にいい物件にする

条件を下げて買いつつ、リフォームや集客施策で物件の稼働率、高利回りにしていきます。

ただ、買ってみたら伸びしろが何もなかったという訳にはいかないので、スカウトのように物件の潜在能力を見抜いて、効果的な改善計画を立案していく必要があります。

やはり、投資用不動産探しに抜け道はない

投資用不動産探しに抜け道なし
「投資用不動産探し⒉0」は投資用不動産探しの裏技でも何でもなくて、不動産投資を始めようとした人が必ず辿り着く第2段階です。

探すのにもっと努力が必要だと気付くときですね。

不動産投資はビジネス、仕事なのでやはり努力は必要です。

マメに努力をし続けた者に女神は最後に微笑むのかもしれません(かどうかは私もわかりませんが)。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

業界団体は既得権を守るためにある地銀が不動産仲介に参入したいって要望への不動産業界の反応がイタイ ​前のページ

アラフォー世代の強み アラフォーって自己評価低い人多いけど実はそつなく使える ​次のページアラフォー世代の強み

ピックアップ記事

  1. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  2. 2020年代住まいプランはもっとハックできる【住まいハック総論】
  3. 大家・管理者のための入居審査の勘所
  4. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

関連記事

  1. 販売は住みながら? 空家にしてから?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント6 販売は住みながら? 空家にしてから? ​

    引き続き不動産売却のチェックポイントについて記載します。<第1…

  2. 住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    不動産知識・テクニック

    住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    本来なら購入と賃貸に大きな差はないが、購入に見落とされているリスクとは…

  3. 住まいプランハック 賃貸編

    不動産知識・テクニック

    住まいプランハック 【賃貸編】

    山ほどある不人気な物件 どんな物件なら逆張りしても快適に住めるか?…

  4. ”負動産”はいったいいくらなのか ​

    不動産知識・テクニック

    ”負動産”はいったいいくらなのか ​

    負動産が疑われる市街地から離れた原野、山林、農地の価格を考えてみましょ…

  5. 両手取引はオススメしない

    不動産知識・テクニック

    売買を仲介する不動産会社の当然あるべき姿 両手取引をおススメしない理由 ​

    仲介会社が売主・買主の利益を最大化するためには片側のみの媒介者に専念す…

  6. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①

    不動産投資をはじめようと意気込んでみてもなかなかスタートできないのはな…

  1. 不動産売却の媒介契約の選び方

    不動産知識・テクニック

    不動産売却の際の媒介契約は不動産の特性と不動産会社の業務スタンスによって判断 ​…
  2. 消費税10%が不徳不動産業者をあぶり出す

    ダメな不動産

    消費税増税の駆け込み需要を狙う煽りすぎの不徳不動産業者に引っかからないように 不…
  3. コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか③

    不動産知識・テクニック

    コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか…
  4. リフォームやホームステージングをして売るべきか!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント7 リフォームやホームステージングをして売るべきか!…
  5. 資産家の未利用地は納税用不動産かも

    不動産知識・テクニック

    相続対策はアパートを建てるだけではなく、納税用にあえて活用せずに残しておくことも…
PAGE TOP