業界団体は既得権を守るためにある

ダメな不動産

地銀が不動産仲介に参入したいって要望への不動産業界の反応がイタイ ​

規制継続を望む業界団体と開放を望む社会 ロビイングまでして公正な競争と健全な発展を阻害しているのはどちらでしょうか

こんな報道がありました。

地銀の不動産仲介業務解禁に断固反対/全宅連
https://www.re-port.net/article/news/0000057116/

業界団体の”反対”は伝統的リアクション

地銀の要望に不動産業界団体は”断固反対”
地銀が例のスルガの問題もあって新たなビジネスモデルを模索している中、全国地方銀行協会が内閣府に業務範囲規制の見直しを要望していることへの不動産業界団体の反応は、

断固反対・・・・

やはり、そうですよね。

確かに業界団体がそうやって口の中酸っぱくしてギャーギャー言うことで、不動産業界全体の利益が確保され、私もそのおこぼれに預かることができているので、ありがたやーなのかもしれませんが、

業界人だということから離れてこの景色を見てみると、

「正直、日本的すぎてダセえ」

と思えてしまいます。
 

業界団体は既得権を守るために“反対”の結論ありきで、

「不適切な融資等による銀行経営健全性の崩壊」とか「地域の雇用創出や空き家問題が滞る恐れ」とか取ってつけたように言っている訳です。そんな都合のいいロジックをよく言えたものです。

しかも、銀行が不動産仲介業務をするというのは、これまでも銀行のグループ会社がやっていました。信託銀行とか〇〇不動産販売とかです。七十七銀行であれば宮城商事という会社があります。今さら驚くことではありません。

そして、何よりお上に規制させることで産業を守ろうとしていることがナンセンスです。

UBERに反対するタクシー業界、民泊に反対する旅館業界

業界団体が反対する光景は日常的ですが、ごく一部の業界関係者のために世の中の多くの人の利便性を奪い、日本をガラパゴス化させた挙句、結局は外圧に負けて開放せざるをえないのです。
 

まぁ、時代錯誤なのも、不動産業は参入障壁が低いので守りようがないのも重々知った上でポジショントークしなければならないのでしょう。お約束のネタを披露するリアクション芸人のようなものです。

もっとダサいのは地銀かも!?

ところで、地銀がいまさら不動産仲介して誰トク!?
また、地銀の不動産仲介業進出は要望の中の一つに過ぎませんが、
(あとは過剰な記録・確認義務の緩和とか)

追い詰められた地銀が新しいビジネスモデルを模索して出た案が「不動産仲介」

銀行と同じ過当競争市場で、新規参入が増えたとしても顧客側はほとんどメリットがないほど世の中に溢れかえっているサービスです。

地銀のこれからにあまり期待は持てなそうです。

地域の将来を見据え新しい産業・企業を育成する真のバンカーになるという理想や、ワクワクするような新事業をはじめるという発想は微塵もないようですね。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

自宅の売却スケジュール自宅の売却スケジュール 特に住宅ローンが絡むときは注意 ​前のページ

いい投資用不動産がなかなか見つからないときは「投資用不動産探し⒉0」 ​次のページ投資用不動産探し2.0

ピックアップ記事

  1. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  2. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  3. 祖父の愛したゴミと不動産①
  4. 2020年代住まいプランはもっとハックできる【住まいハック総論】
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

関連記事

  1. 不動産の現場販売は終わるのか!?①

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?①

    不動産の現場販売営業に起きている変化とは!?近年、社会は凄まじいス…

  2. 投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​

    ダメな不動産

    投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​

    多くの投資用不動産が投資の体をなさないのは業界の構造!?かぼちゃの…

  3. 不動産営業会社は動物園の猿山

    ダメな不動産

    不動産会社の営業都市伝説① 不動産営業会社は動物園の猿山 ​

    かつての不動産営業会社のヤリ過ぎっぷりを思い出してみる私はほぼ毎日…

  4. それなら不動産営業はどうすべきか!?①

    業界動向

    それなら不動産営業はどうすべきか!?①

    ITにリプレイスされる中で不動産営業が担うべき役割とは?前々回、前…

  5. 不動産の現場販売は終わるか!?②

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?②

    他の手段にリプレイスされる現場販売者前回の記事:不動産の現場販売は…

  6. 生産緑地法の2022年問題

    業界動向

    生産緑地法軽減措置終了による2022年問題 とはいえ、そんなの様々ある下落要因の一端 ​

    2022年問題って?不動産業界で危惧されていることの一つに2022…

  1. 賃貸物件の修繕 バリューアップのコスパを考える

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件の修繕・バリューアップのコスパを考える
  2. 売却チェックポイント11不動産売却時に譲渡所得税でガツンとえぐられる!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント11 売却時に譲渡所得税がドカンと来る!?
  3. 投資用不動産探し2.0

    不動産知識・テクニック

    いい投資用不動産がなかなか見つからないときは「投資用不動産探し⒉0」 ​
  4. 新しい住まいスタイルとして”10年やどかり族”ってのがあるのだが難易度高過ぎ ​

    不動産知識・テクニック

    新しい住まいスタイルとして”10年やどかり族”ってのがあるのだが難易度高過ぎ 住…
  5. 不動産融資監視強化 ​

    業界動向

    金融庁が不動産融資監視強化 サラリーマン投資家にとどめ 地銀もついにビジネスモデ…
PAGE TOP