賃貸住宅で失敗しない間取の見方①

不動産知識・テクニック

賃貸住宅で失敗しない間取の見方①

ハズレ物件を掴まされないための間取の見方とは

年も明けて新年会もひと段落をすると不動産業界はにわかに慌ただしくなってきます。移動シーズンの幕開けです。

近年は引越業者も人手不足で移動シーズンは料金が顕著に上がることもあり、あえて時期をずらす企業等も出てきましたが、それでも入学、卒業、新卒者の就職はほぼこの時期です。

 
中には急な転勤や、入学手続きの都合上、不動産屋に飛び込んで1日で決めるという方も結構いて、そういった方は物件を慎重に検討して決めるということはまずできませんが、たいていは家賃を勤務先や親が全額負担してくれるので気楽な感じで選ぶのでしょう。

ただし、焦ってハズレ物件を選ぶと日々の生活の満足度が下がり、引越しし直すことは簡単にできることではありませんので、できるならハズレ物件を引かないようポイントはしっかり見極めたいところです。

意外とハズレに気づきにくいのは「間取」!?

物件のポイントはたくさんあるのですが、家賃や築年数や階数といった定量的条件はあまりうっかりや勘違いはないでしょうが、
(更新料や様々な名目で課金していて分かりにくいというケースは多いですが…)

定性的条件というか、棟内の入居者属性や管理の良し悪し、結露や西陽の強さ、災害危険性といったものは確かに限られた時間では判断が難しいです。

でも、それは仕方ないですよね。こういったことをしっかり吟味したいのであれば手間暇掛けて精査しなければなりません。

 
それで、意外とハズレに気付きにくいのは「間取」です。

あまりピンと来ないかもしれません。

間取りにしろ部屋の面積はそもそも指定して検索できるので希望の範囲外のものは最初からふるい落とされているはずですから。

どういうことでしょう?

 
故意または過失によって実際とは違う間取図が登録されているということではなく(そういうこともよくありますが)、

間取の表記自体は規則上問題なくても実際は制限ばかりの残念な間取があるのです。

なぜ残念な間取になるか?

理由を説明する前に、最近の賃貸物件の傾向として1LDKとメゾネットタイプが増加しています。

1LDKはリビングとダイニングとキッチンが一緒になった割と大きな部屋にもう一つ居室がある間取りで、

メゾネットは専有部分内に階段があり、2層以上で構成されている住戸です。

 
1LDKでは1Kやワンルームに住む方の「もう一部屋欲しい!」が具現化された間取りであり、

メゾネットは実質2階だけど入口が1階にあることで共用廊下がなくなり、プライバシーを重視したライフスタイルに適しています。

 
しかし、デメリットとしてはどちらも室内に通路となる面積が増えることです。

 
1LDKはLDKに隣接して居室が作られることが多いので、その場合、LDKはその隣接する部屋への侵入路にもなります。

メゾネットは階段部分がまんま通路です。

 
例えば居室8畳の1Kよりも、8畳のLDKは(規則上はLDKと表記はできますが)キッチンもあり通路部分もありなのでソファーを置くことはおろか1人用のダイニングテーブルが置けてやっとだったりします。

 
また、通路部分は部屋の面積が同じでも縦横比によって変化します。

あまりに細長い間取だと通路面積が増えますし、短手の長さが2間幅(3.64m)を切るとまともな居室を作ることは不可能です。
通路部分は縦横比によっても変化する
1LDkでLDKと居室が並ぶ間取の場合は短手の長さが3間幅(5.46m)は欲しいところです。

残念な間取を掴まされないためには、間取の表記&専有面積にかかわらず、通路にあたる部分や設計上でしわ寄せがきている箇所を把握して、引越し後に想定する生活を営めるか検討する必要があります。

次回はもっと具体的に残念な間取を見ていきたいと思います。
(続く)

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

それなら不動産営業はどうすべきか!?②それなら不動産営業はどうすべきか!?②前のページ

賃貸住宅で失敗しない間取の見方②次のページ賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

ピックアップ記事

  1. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  2. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  3. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​
  4. 祖父の愛したゴミと不動産①
  5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

関連記事

  1. しょっぱい不動産投資「築古アパート」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資  「築古アパート」編

    高利回りで”しょっぱい投資”卒業宣言か!?低価格帯の不動産をキャッ…

  2. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実②

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実②

    不動産投資はなぜ難しいか?<前回の記事>薄々気付いてはいたものの不…

  3. 「事故物件リスク」という モンスターを制御する方法②

    不動産知識・テクニック

    事故物件リスクというモンスターを制御する方法②

    事故物件対応社会2.0を目指して前回の記事で事故物件リスクの本質的…

  4. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方③

    不動産知識・テクニック

    賃貸住宅で失敗しない間取の見方③

    残念な間取が量産される理由前回まで間取の表記&専有面積にかかわらず…

  5. しょっぱい不動産投資「月極駐車場」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資 「月極駐車場」編

    月極駐車場でローリスクでコツコツ投資!低価格帯の不動産をキャッシュ…

  6. 不動産を保有するには理由が必要!?

    不動産知識・テクニック

    これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​

    今後、大部分の不動産は価値下落!?これからの日本の不動産市場は三極…

  1. 両手取引はオススメしない

    不動産知識・テクニック

    売買を仲介する不動産会社の当然あるべき姿 両手取引をおススメしない理由 ​
  2. インスペクション制度

    業界動向

    建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​
  3. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①
  4. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方①

    不動産知識・テクニック

    賃貸住宅で失敗しない間取の見方①
  5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    不動産知識・テクニック

    不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
PAGE TOP