両手取引はオススメしない

不動産知識・テクニック

両手仲介の欠陥とエージェント制の課題 ​

両手仲介の弊害

当たり前のことですが、不動産の売主はなるべく高く売りたいものです。逆に買主はなるべく安く買いたいものです。

売主と買主の利益は相反関係にあると言えます(少なくとも価格に関しては)。

 
仲介をする不動産会社は売主、買主の媒介人として相手方に交渉しますが、一つの仲介会社が売主と買主の両方の媒介人を務める両手取引では利益相反が生じるので、裁判で原告・被告それぞれに弁護士が付くように、売主か買主のどちらかだけを担当し、相手方に別の仲介会社が入るエージェント制が望ましいとの声があります。

 
特に両手取引が弊害になるのは、

仲介会社が買主から物件購入後に管理を受託したり、転売する際に再度仲介に入る、といった見返りを得るために、仲介会社が買主に有利な(売主に不利な)条件に誘導するような場合です。

売主は不動産を売ってしまえば終わりですが、買主は物件購入後の利活用で仲介会社にビジネスチャンスが発生することがあります。

それをエサに釣られるのです。

エージェント制がベストなのか!?

不動産取引の先進国であるアメリカではエージェント制が定着していますが、日本では両手取引が規制の方向にないどころか(民主党政権下で少しありましたが)、両手取引のために、売主から売却の依頼を受けた仲介会社が他の会社に物件を紹介しない所謂「囲い込み」が最近まで当たり前のように行われていました。

また、囲い込みしてなくても、買主に仲介会社が入っていると取引を潰そうとばかりに雑で高圧的な対応をする仲介会社が今でも普通にいて、仲介者のモラルを高めていくことが業界における最大のミッションです。

 
 
ただし、エージェント制にも問題があります。

 
まず、物件についての知識です。

買主側エージェントは物件についての知識がどうしても売主側のそれより低くなります。顧客としては詳しい人に仲介してもらうに越したことはありません。

 
そして、片方のイエスマンに徹することが必ずしも取引を有利にしないということです。

交渉で有利な条件を勝ち取るには、交渉の相手方を持ち上げていい気分にさせたり、または依頼者の耳に痛いことを言ったりする必要がありますが、それは単なるイエスマンにはできないことです。

仲介会社もクライアントも今のレベルのままエージェント制になっても浅はかなポジショントークが横行するだけでしょう。

 
 
エージェント制には課題があり、世の中的に推し進めようという熱量は決して高くないので、日本で両手仲介がなくなることはしばらくないでしょう。

ただし、両手仲介に欠陥があることは確かなので、クライアントが自分の身を守りたければ自らリテラシーを高め自衛せざるをえないでしょう。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割 ​賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割とは ​前のページ

自宅の売却スケジュール 特に住宅ローンが絡むときは注意 ​次のページ自宅の売却スケジュール

ピックアップ記事

  1. 大家・管理者のための入居審査の勘所
  2. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  3. 祖父の愛したゴミと不動産①
  4. アパート1棟買っちゃいました ~個人的不動産投資談①~
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

関連記事

  1. まず第一にすべきは賃貸物件の現状分析!

    不動産知識・テクニック

    まず第一にすべきは賃貸物件の現状分析!

    ご自身の物件を客観的に把握してみましょう賃貸不動産の空室が…

  2. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    よっぽどの勝負師でなければ不動産投資を勝ち抜けないという真実…不動…

  3. 住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    不動産知識・テクニック

    住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    本来なら購入と賃貸に大きな差はないが、購入に見落とされているリスクとは…

  4. 不動産売却のチェックポイント15 いざ決済に臨まん!

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント15 いざ決済に臨まん! ​

    <第1回>権利証・登記識別情報通知<第2回>抵当権等の不動産に設定…

  5. 刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには②

    不動産知識・テクニック

    刑務所出所者の賃貸を前向きに考えるためには②

    斡旋には関係各所の協力とオーナーへのメリットが不可欠前回、出所者の…

  6. 売り手自らが不動産を主体的に売却するための「販売戦略」の立て方

    不動産知識・テクニック

    売り手自らが不動産を主体的に売却するための「販売戦略」の立て方

    不動産売却戦略立案のための4P分析前回は売り手自らが主体的に行う現…

  1. これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提!?

    不動産知識・テクニック

    災害列島日本だからこそ これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提か
  2. 不動産知識・テクニック

    アパート・マンション自主管理マニュアル⑧「入居者募集方法」
  3. 不動産をダメ元で高く売りに出すのってアリ!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント10 売出価格決定 ダメ元で高く売り出すのはOK!?…
  4. 土地の所有権を放棄したい時に放棄できる制度 ​

    個人的なはなし・意見

    土地の所有権を放棄したい時に放棄できる制度 放棄された土地は国が有効活用? ​
  5. ムラ社会を出てネオリベ的関係を構築する

    個人的なはなし・意見

    ムラ社会を出てネオリベ的関係を構築する
PAGE TOP