相続のときに困る不良不動産とは?

不動産知識・テクニック

相続のときに困る不良不動産 あなたのご両親もお持ちかも!? ​

相続時に困る不良不動産 いろいろあるけど大きく分けると2つ

相続のみならず様々なケースで足をひっぱり頭痛の種である不良不動産。

例えば、僻地にある土地、崖地や無道路地、賃料と入居率の落ちた古貸家・古アパート、旧借地権で貸している土地(底地)、境界確定不能地etc…

様々ありますが、

これらは大きく2つのグループに分けることができます。

経済的価値がなくて整理できない資産

僻地の土地や崖地、どう頑張っても道路に接しない土地などが該当します。それらはそもそも経済的な価値がありません。

また、玉石擁壁に囲まれた土地で、建物を建てる際に擁壁組み直し費用が土地代を上回る場合もトータルで経済的価値なしになります。
(冒頭の画像のような土地です)

さらに、不動産市場では現在価値だけではなく将来価値を予測して売買価格が決まるので、現在は多少の資産性があっても、将来、より過疎化が進むエリアの土地や、スラム化が懸念される区分所有マンションは現時点で買い手がなくなります。

経済的価値がないどころか、維持費(固定資産税、管理費など)が掛かるのでマイナス資産です。

 

 
これらは物理的に解決不能な不良資産です。

できれば早急に処分したいところですが、普通とは違った視点で物件を探している奇特な方を探さなければなりませんのでなかなか大変です。

ただし、こういった物件は相続税評価が低く多額の相続税が掛かることはないので、税金の問題というより維持管理の手間や経費の負担が問題です。

 

 
それでも、こういった資産を頑なに持っていたいという方が特に高齢の方には多いです。不動産についての意識って世代間ギャップが激しいんですよね…。

他人の権利が付着しポテンシャルを発揮できない資産

旧借地権が設定されている土地、古貸家・古アパート等は、更地になれば高い価格で売れたり、もっと収益が上がる建物を新築することができますが、そのままだと低い賃料、低い売価のままです。

また、隣地との問題があり境界を確定できない土地は相場より低い価格でしか売れず、隣地からの正確な距離がわからないと斜線制限の範囲を計算できないので、厳密に言えば建物を建てられません。

 

 
これらは程度の差はありますが固定資産税や維持管理費を上回る収益が上がっていることが多いので現時点で問題というより、

放置していると相手方に相続が発生したりさらに解決が難しくなるのと、相続時にそれなりの相続税評価をされることが問題です。

 

 
ただし、これらは1つ目のグループと違い解決は不可能ではありません。

 

貸家、アパートなら賃借人に退去してもらい、底地であれば、借地人と交渉して借地権を解除してもらいます。

言葉にすると簡単ですが、それにはどういったことに注意して、どういったスタンスで臨むべきなのでしょうか?

(次回に続く)

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

モーレツ不動産営業会社エピソード不動産会社の営業都市伝説② モーレツ不動産営業会社エピソード ​前のページ

古貸家・古アパートの入居者退去交渉に一番必要なもの ​次のページ古貸家・古アパートの入居者退去交渉に必要なものは?

ピックアップ記事

  1. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
  2. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  4. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

関連記事

  1. 刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①

    不動産知識・テクニック

    刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①

    出所者の住まい確保は社会的意義が大きいのですが数ヶ月前のことですが…

  2. 賃貸物件に高齢者を受け入れるにはどうする?
  3. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

    不動産知識・テクニック

    賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

    どんな間取が残念な間取なのか!?前回、間取の表記&専有面積ではわか…

  4. 災害に備えるために役所に相談してみよう!①

    不動産知識・テクニック

    災害に備えるために役所に相談してみよう!①

    「復旧に全力!」って政治家の言葉を信じて土木事務所に行ってみるとどうな…

  5. 両手取引はオススメしない

    不動産知識・テクニック

    売買を仲介する不動産会社の当然あるべき姿 両手取引をおススメしない理由 ​

    仲介会社が売主・買主の利益を最大化するためには片側のみの媒介者に専念す…

  6. 不動産売却のチェックポイント15 いざ決済に臨まん!

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント15 いざ決済に臨まん! ​

    <第1回>権利証・登記識別情報通知<第2回>抵当権等の不動産に設定…

  1. 初歩からの農地法①

    不動産知識・テクニック

    初歩からの農地法①
  2. インスペクション制度

    業界動向

    建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​
  3. アラフォー世代の負けモデルケース

    個人的なはなし・意見

    アラフォー世代 負けモデルケースってこんな感じ ​
  4. 負動産問題は挫折する!?

    不動産知識・テクニック

    負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  5. 災害に備えるために役所に相談してみよう!②

    不動産知識・テクニック

    災害に備えるために役所に相談してみよう!②
PAGE TOP