共有持分の買取

業界動向

共有持分の買取が流行りだしている 共有関係に悩む人には渡りに船なのか? ​

デメリットばかりの共有持分を買取ってくれる!?でも本当に大丈夫!?

相続税対策のアパート建設はさすがにもうブームは過ぎ去りましたが、生前贈与や家族信託といった相続対策自体のニーズは高く、相続対策関連ビジネスに参入してくる企業は今でもかなりあります。

そんな中で最近増えてきたのが「共有持分の買取」を謳う会社です。

共有持分のデメリットって?

共有持分とは、例えば相続発生前はお父さんの名義だった実家が相続によりお母さんと姉と自分の3人の名義になったような状態です。

上記状態を法定相続分の通りに共有持分があるとするとお母さん1/2、姉1/4、自分1/4です。

不動産についての権利と義務をその持分で有していることになり、民法上、共有者の一人が単独でできる行為、過半数の同意でできる行為、全員の同意が必要な行為がそれぞれ規定されていますが、基本的には一々共有者間で協議し合意形成を図らねばならず、合意できなかった場合は不動産が塩漬けになる恐れがあります。

特に、関係者に二次相続が発生した場合は複雑になりがちです。

例えば、上記の例で1/4を持つ姉が亡くなって、その旦那と子供に相続が発生したり、さらにその子供が交通事故で亡くなって孫が相続人となったような場合です。

姉の旦那と折り合いが悪かったり、姉の孫には面識がないどころかどこに住んでいるかすら知らないということが起きる訳です。

そうなると遺産分割協議が未了で相続登記していないとか、法定相続分の通り相続登記はしたが、共有者間で不動産の管理運営がうまくいっていないとかだと、もうお手上げって感じになり、できれば共有持分は手放したくなる訳です。

持分を買ってくれるのはありがたいが、ところで持分を買ってどうするの?

そういったニーズを汲んで共有持分だけの買取りを謳う会社が増えています。

仮に相続登記が未了でも法定相続分でなら登記は単独でできるので、困りごとが解消され、いくばくかの売却代金も貰えるので、売る方としては御の字です。
 

しかし、疑問は持分を買った後にどうするかです。

そういった会社のウェブサイトを見るとお付き合いのある投資家に売却するとなっていますが、その投資家はその後どうやって利益を出すのでしょうか。
 

一説によると、他の共有者に持分の売渡しを要求したり、共有物分割訴訟を提起したりして、完全な所有権を取得し転売を目指すそうです。

 
そうだとすると底地ビジネスと同じな訳です。

借地権が設定されている土地(底地)を安く購入し、借地人と借地契約の解除交渉をして転売するのですが、借地人との交渉でトラブルが頻発しているとニュースでも取り上げられました。
 

もちろん、投資家としてもリスクを取って購入するので、法律の許す範囲で様々な手段を使って利益を追求するのが当たり前のことですし、借地権と大きく違って、借地人はそのまま土地を借りることを望む人が多いですが、共有持分は他の共有者にとってもベストな状態ではないので、案外、こういった部外者が入ってきたことで話が進むことも往々にしてある訳です。

まぁ、売る方としては後は野となれ山となれでしょうし、選択肢があるにことはないでしょうから、時代のニーズを受けて新しいサービスが出ること自体は歓迎することでしょう。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

アパートにも修繕積立金「安い賃料のためにこんな高いリフォーム費用払えない!」とならないためにアパートオーナーにも修繕積立金の考え方が必要 ​前のページ

不運のアラフォー世代は自分の老後のためにまだまだ活躍しないといけない それなのにこんなアラフォーはアウト ​次のページこんなアラフォーはアウト

ピックアップ記事

  1. 祖父の愛したゴミと不動産①
  2. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  3. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  4. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

関連記事

  1. 不動産の現場販売は終わるか!?②

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?②

    他の手段にリプレイスされる現場販売者前回の記事:不動産の現場販売は…

  2. 不動産の現場販売は終わるのか!?①

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?①

    不動産の現場販売営業に起きている変化とは!?近年、社会は凄まじいス…

  3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​
  4. それなら不動産営業はどうすべきか!?②

    業界動向

    それなら不動産営業はどうすべきか!?②

    不動産営業は顧客のステップアップをプロとしてサポートすべき!前回は…

  5. ビッグデータ解析による不動産査定

    業界動向

    不動産価格査定なんてビッグデータ解析で誰でも一瞬にできる時代がくる!?

    これまでの不動産屋が行う不動産の価格査定は、土地価格 = 周辺相場…

  6. 生産緑地法の2022年問題

    業界動向

    生産緑地法軽減措置終了による2022年問題 とはいえ、そんなの様々ある下落要因の一端 ​

    2022年問題って?不動産業界で危惧されていることの一つに2022…

  1. 不動産の現場販売は終わるか!?②

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?②
  2. 資格にも翻弄されたアラフォーたち

    個人的なはなし・意見

    資格にも翻弄されたアラフォーたち
  3. 住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    不動産知識・テクニック

    住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①
  4. 本気で負動産問題を解決しようと思ったら

    不動産知識・テクニック

    本気で負動産問題を解決しようと思ったら
  5. 働き方改革とオジサン② オジサンはこれからが正念場

    個人的なはなし・意見

    働き方改革とオジサン② オジサンはこれからが正念場
PAGE TOP