賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割 ​

不動産知識・テクニック

賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割とは ​

インターネットやスマートフォンにより借り手の物件探しが大きく変わってきています。今の時代に則した入居促進策を提案するのが管理会社の最大の役割と言えるでしょう

オーナーが求めることはいつの時代も同じだが…

アパート、マンションのオーナーが管理会社に最も求めるものは「空室に入居者を入れること」でしょう。

このことはいくら時代が変わっても変わらない、というか少子高齢化でより切実になっているでしょう。

これまででしたら、駅前や繁華街にある不動産会社に管理を依頼すれば、来店した顧客を優先的に紹介してもらえましたが、時代は変わりました。

かつての”定石”は通用しない!?

まず、顧客の賃貸物件の探し方は何といっても「不動産検索ポータルサイト」が第一です。大会社の転勤であれば社宅代行サービスに依頼します。

繁忙期に直接不動産会社を訪問する顧客もいますが、TVCMをしているような全国規模の不動産会社以外にはいくら立地が良かろうがスルーです。

そして、顧客が来店した際に不動産会社の勧めるままに物件を申し込むようなこともまずありません。顧客は不動産会社の口車に乗らないよう警戒しているので、不動産会社の勧める物件にバイアスが掛かっているとそれを察して心を開きません。

確かに、大手の不動産会社に管理を依頼すれば不動産検索ポータルサイトにも当然加盟しているので、直接来店する顧客含めて物件の露出は増えるのですが、結局は物件が他よりも競争力がないと成約に至りません。

今の時代の管理会社に求められることは

物件情報が豊富で誰でも簡単に見られるようになったので比較検討が容易となり、より物件の質が求められるようになりました。

ですので、
物件の競争力を維持、向上する施策を立案して、オーナーの思い、リスク許容度とすり合せながら実行していくのが管理会社の最大の役割です。

そして、物件情報の拡散は管理会社のみならず他の不動産会社の協力を得てなるべく広く行うべきです。

仲介手数料を独占するために物件情報を囲って他の不動産会社に出さない管理会社は論外です。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

こんなアラフォーはアウト不運のアラフォー世代は自分の老後のためにまだまだ活躍しないといけない それなのにこんなアラフォーはアウト ​前のページ

売買を仲介する不動産会社の当然あるべき姿 両手取引をおススメしない理由 ​次のページ両手取引はオススメしない

ピックアップ記事

  1. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​
  2. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  3. 祖父の愛したゴミと不動産①
  4. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
  5. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?

関連記事

  1. 資産家の未利用地は納税用不動産かも
  2. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実③

    よっぽどの勝負師でなければ不動産投資を勝ち抜けないという真実…不動…

  3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​
  4. 住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    不動産知識・テクニック

    住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

    本来なら購入と賃貸に大きな差はないが、購入に見落とされているリスクとは…

  5. リフォームやホームステージングをして売るべきか!?
  6. しょっぱい不動産投資「築古アパート」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資  「築古アパート」編

    高利回りで”しょっぱい投資”卒業宣言か!?低価格帯の不動産をキャッ…

  1. こんなアラフォーはアウト

    個人的なはなし・意見

    不運のアラフォー世代は自分の老後のためにまだまだ活躍しないといけない それなのに…
  2. 負動産問題で仲介手数料増額に

    不動産知識・テクニック

    低額不動産の売買時における仲介手数料が増額されものの、それでもなお”負動産”問題…
  3. 不動産屋の広告はダサイ

    ダメな不動産

    不動産屋の広告はいつまでもこんなもんでいいのか!? ​
  4. 不動産コンサルティングって何?どういうときに必要なの? ​

    不動産知識・テクニック

    不動産コンサルティングってよく聞く言葉だが、何をするのかよくわからない件 ​
  5. 共有持分の買取

    業界動向

    共有持分の買取が流行りだしている 共有関係に悩む人には渡りに船なのか? ​
PAGE TOP