賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

不動産知識・テクニック

賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

どんな間取が残念な間取なのか!?

前回、間取の表記&専有面積ではわからない残念な間取があると申し上げましたが、
<前回の記事>賃貸住宅で失敗しない間取の見方①

実際に残念な間取を見てみましょう。

最近よくある1LDK

最近よくある1LDK
一見するとスッキリしてスタイリッシュな間取です。

ただし、こちらにベッド(シングル)、ダイニングテーブル、テレビ&テレビ台、冷蔵庫、カップボード、レンジ台を置くともう他に置けません。
最近よくある1LDK
赤塗りしたところは通路スペースです。

洋室の3枚引き戸の一番下も開けることがあるので前に物を置きたくないのですが、他にスペースがないので無理やりテレビを置いています。

食事するのも勉強するのもパソコン(ノート限定)するのもダイニングテーブルですし、他にはキッチンカウンターの下に本棚等を置ける程度です。

1Rにすべきだった1LDK

1Rにすべきだった1LDK

こちらも1LDKですが別タイプです。

実質的にはDKと納戸です。
 

1Rにすべきだった1LDK
最近の建物は断熱がいいとはいえここまで窓に接近してベッドを置くのはいかがなものでしょうか。夏は暑く、冬は寒く、高性能遮光カーテンを使わなければ早朝眩しいでしょう。

そしてLDKには窓がないので洋室との間仕切り扉はほぼ開放しっ放しになるはずです。それなら間仕切りしないでワンルームでよかったのではないでしょうか。

広いが使いにくいメゾネット1LDK

広いが使いにくいメゾネット1LDK
こちらはメゾネットタイプの1LDKです。

吹き抜けにロフトと縦のスペースを活用した野心的な間取です。

LDKが11.3畳で洋室が9.6畳なら広々と何不自由ない生活を送れそうに思えます。

ただ、問題は1階です。

 
広いが使いにくいメゾネット1LDK
一見すると広いようですがLDKに設置できる家具は限定的です。キッチンがレンジや炊飯器を置いている場所と距離があるので料理をするのがストレスになりそうです。

また、吹き抜け、ロフトと開放的な分、冷暖房費が掛かるでしょう。1~2階まるごとつながっているので寒い外から帰ってきて部屋を暖めるのに時間を要するでしょうし、夏場の2階も大変なことになると思われます。

本来は、玄関とLDKの間に扉、階段も扉で仕切って、2階は吹き抜け部分を部屋にして2LDKにしたかったのでしょうが、短手の尺が小さすぎて無理だったのだと思います。

 
 
これらの間取は実際にある間取です。私が話を盛るために修正していたり、よっぽど探しまくって見つけた訳ではありません。仙台市内の新しめの賃貸物件を検索するとゴロゴロ出てきます。
 

次回はなぜわざわざ残念な間取を作るのか考えてみたいと思います。
(続く)

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

賃貸住宅で失敗しない間取の見方①賃貸住宅で失敗しない間取の見方①前のページ

賃貸住宅で失敗しない間取の見方③次のページ賃貸住宅で失敗しない間取の見方③

ピックアップ記事

  1. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  2. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  3. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  4. アパート1棟買っちゃいました ~個人的不動産投資談①~
  5. 大家・管理者のための入居審査の勘所

関連記事

  1. 賃貸物件に前向きに高齢者を受け入れる ​ために
  2. これから仲介者が担うべき 役割についての持論

    不動産知識・テクニック

    これから仲介者が担うべき役割についての持論

    最もふさわしい人が自然と買い手となる市場構造を実現すべき!前回の記…

  3. リフォームやホームステージングをして売るべきか!?
  4. 不動産の売り手はなぜ折れないか?

    不動産知識・テクニック

    不動産の売り手はなぜ折れないか? 不動産買い手の最適化戦略③

    買い手の交渉戦略を無力化するほどの売り手の強気はどこから来るか?前…

  5. 不動産賃貸業で向き合わなければならない本質的なこととは?

    不動産知識・テクニック

    不動産賃貸業で向き合わなければならない本質的なこととは?

    不動産賃貸業は貸室の魅力を高めることを追求し続けるビジネス 不動産…

  6. これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提!?

    不動産知識・テクニック

    災害列島日本だからこそ これからの住まいの立地選びは居住誘導区域が大前提か

    立地選びの勝ち組は居住誘導区域内 区域外は資産価値も生活利便性も下落…

  1. 条件交渉前にふるい落とされないよう 買い手が気を付けるべきこと

    不動産知識・テクニック

    条件交渉前にふるい落とされないよう買い手が気を付けるべきこと 不動産の買い手の最…
  2. 「法人社宅」は賃貸住宅市場になくてはならないが、おんぶにだっこの賃貸経営で本当にいいのか!?

    不動産知識・テクニック

    「法人社宅」は賃貸住宅市場になくてはならないが、おんぶにだっこの賃貸経営で本当に…
  3. 働き方改革とオジサン② オジサンはこれからが正念場

    個人的なはなし・意見

    働き方改革とオジサン② オジサンはこれからが正念場
  4. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話

    個人的なはなし・意見

    HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
  5. インスペクション制度

    業界動向

    建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​
PAGE TOP