空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​

不動産知識・テクニック

空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​

ありがちな入居促進策

よく用いられる賃貸物件入居促進策は

「家賃を下げる、敷金&礼金を下げる、フリーレント期間を設ける、不動産会社への広告費を上げる、高齢者&生活保護受給者&外国人OKにする、ペット可にする」

これらの策は、先行投資は不要ですが、すごく雑な言い方をすると

オーナーの収益を下げるか、入居者の質を下げるかです。

 
一旦下げた物件のレベルはなかなか元に戻りません。

東日本大震災の被災地では賃貸住宅の需要が上がり、下げたレベルを戻すことができましたが、それはごく特殊なケースであって、

普通は一旦下げると、次に空室が出た時も同じ条件で募集せざるをえなくなります。

さらに、今後は相続税対策のために作りすぎた賃貸住宅と人口減少社会の中で入居者獲得競争をしていくのでダウンスパイラルに陥る危険性が大です。

最近はこんな賃貸物件が話題ですが

対して、昨今話題になっているのが、

「カスタマイズ賃貸、民泊、シェアリングエコノミー、コミュニティ賃貸、ペット共生、リノベ賃貸、古民家」

です。

(ちなみに、「ペット可」は、ペット飼育を了承するだけで物件自体は変えませんが、「ペット共生」は、足洗い場や、ペット飼育を前提とした床材、壁材等を用いてペット飼育に特化した物件です)

ニッチな市場に特化したり、これまで意識されていなかった潜在的価値にクローズアップしており、成功すると売手市場となります。

しかし、市場や顧客ニーズ見極める眼と、それなりの費用を前払いするリスクテイクが必要になります。

気合を入れて築古物件を改築したものの、鳴かず飛ばずで結局は建物を解体した物件を私はいくつか見ています。

市場や顧客ニーズを読み間違って商品化すると、”効果なし”ではなく”やらない方がまし”となります。

そこに至る前に手を打っていくべき

レベルダウンのスパイラル、もしくは、先行大型投資、どちらがいいか、

どちらもあまり気が進まないかもしれません。

本来であれば、こういった施策を検討しなければならなくなる前に、長期計画に則りテコ入れをしていき物件の競争力を保つのが理想です。

もちろん、あくまでも理想なので現実的にそうはいかないことが往々にしてあるわけですが。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​前のページ

アパート・マンションオーナーが賃貸市場のイノベーターになるメリットはほとんどない!? ​ 仙台の賃貸物件のオーナー向け次のページ賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?

ピックアップ記事

  1. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  2. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​
  3. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  4. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  5. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…

関連記事

  1. 新しい住まいスタイルとして”10年やどかり族”ってのがあるのだが難易度高過ぎ ​
  2. 不動産を保有するには理由が必要!?

    不動産知識・テクニック

    これからの時代は不動産を保有する理由を明確にすべし 不動産活用・売却 ​

    今後、大部分の不動産は価値下落!?これからの日本の不動産市場は三極…

  3. 司法書士の本人確認&意思確認
  4. 賃貸物件の修繕 バリューアップのコスパを考える

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件の修繕・バリューアップのコスパを考える

    不動産賃貸経営に欠かせないリフォーム費用の考え方とは?賃貸不動産経…

  5. 不動産売却の媒介契約の選び方

    不動産知識・テクニック

    不動産売却の際の媒介契約は不動産の特性と不動産会社の業務スタンスによって判断 ​

    宅建士のテキストでも必ず出てきますが、不動産の販売を不動産会社に依頼す…

  6. 薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①

    不動産知識・テクニック

    薄々気付いてはいたものの不動産投資の残念な真実①

    不動産投資をはじめようと意気込んでみてもなかなかスタートできないのはな…

  1. ビッグデータ解析による不動産査定

    業界動向

    不動産価格査定なんてビッグデータ解析で誰でも一瞬にできる時代がくる!?
  2. 相続対策の第一歩が踏み出せないワケ

    不動産知識・テクニック

    進まない相続対策に様々なギャップあり ​ 相続対策の第一歩が踏み出せないワケ
  3. 不動産売却のチェックポイント動産の扱いについて

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント4 室内外の動産ってやっぱりゴミなの!? ​
  4. こんな不動産賃貸経営は逆風の中でカモられる!?

    不動産知識・テクニック

    こんな不動産賃貸経営は逆風の中でカモられる!?
  5. 一見すると安い投資用不動産あるある

    不動産知識・テクニック

    一見すると安い投資用不動産あるある
PAGE TOP