不動産売却の媒介契約の選び方

不動産知識・テクニック

不動産売却の際の媒介契約は不動産の特性と不動産会社の業務スタンスによって判断 ​

宅建士のテキストでも必ず出てきますが、不動産の販売を不動産会社に依頼する形式には3種類あります。

  • 一般媒介契約・・・売主は複数の仲介会社に直接売却を依頼できる
  • 専任媒介契約・・・売主が直接売却を依頼できる仲介会社は一社のみ
  • 専属専任媒介契約・・・売主が直接売却を依頼できる仲介会社は一社のみで、売主が仲介会社を介さず直接買主を見つけるのも不可能
  • (いずれの場合も、依頼を受けた仲介会社を経由して他の仲介会社が買主を見つける共同仲介は可能)

    一般個人が売主の場合、売主が自ら買主を見つけることがないので専属専任媒介契約は一部の会社以外はほとんどで扱いませんが、一般媒介契約と専任媒介契約どちらがいいかは議論が別れます。

    専任媒介で依頼するメリット

    専任媒介契約だと一社にしか依頼しないので情報が十分に行き渡らず販売チャンスが限定されるように思うかもしれませんが、

    専任媒介契約だと不動産会社間の物件情報ネットワークに必ず物件を登録するので、

    すべての不動産会社が物件情報を見れるので情報が行き渡らないという心配はありません。

     
    そして、専任媒介契約なら、不動産会社にとっては買主を他の不動産会社が見つけてきても取引が成立する(=仲介手数料を受領できる)ので、

    物件調査や広告といったことを腰を落ち着けてかかることができます。

    込み入った事情があり調査や商品化に時間が掛かったり、なかなか買い手がつきにくそうな物件は専任媒介で依頼して不動産会社にじっくり取り組んでいってもらう方がいいように思います。

    物件に自信があれば一般媒介で不動産会社を競わせる

    対して、しっかり商品化されている不動産であれば、

    力のある不動産会社数社に並行して一般媒介で依頼してみるのがいいかもしれません。

    不動産会社は両手取引の手数料を目指して短期で最大限の営業をしてくれることでしょう。

    どの媒介契約にするかは不動産の特性を鑑み売主が決定する

    逆に、一番やってはいけないのは、特に踏み込んだ調査や広告をするわけでもない上に、情報を自社で囲い込んで他に出さない不動産会社に専任媒介で依頼することです。

    専任媒介のキャンペーンやっていてお得だったから、だと本質的なところを見落としてしまうかもしれません。

    不動産の特性、不動産会社の業務へのスタンスによってどの媒介契約で依頼するか判断するのがいいと思います。

    The following two tabs change content below.

    shiro-shita

    仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

    消費税10%が不徳不動産業者をあぶり出す消費税増税の駆け込み需要を狙う煽りすぎの不徳不動産業者に引っかからないように 不動産への増税の影響は案外少ない!? ​前のページ

    不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​次のページ不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​

    ピックアップ記事

    1. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
    2. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
    3. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
    4. 祖父の愛したゴミと不動産①
    5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

    関連記事

    1. 住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

      不動産知識・テクニック

      住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!①

      本来なら購入と賃貸に大きな差はないが、購入に見落とされているリスクとは…

    2. 空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​

      不動産知識・テクニック

      空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​

      ありがちな入居促進策よく用いられる賃貸物件入居促進策は「家…

    3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセットマネジャー”の不動産管理会社をしっかり選任しておきましょう ​
    4. 賃貸市場のイノベーターになる必要はない!?
    5. 住まいは購入or賃貸?②

      不動産知識・テクニック

      住まいは購入or賃貸? 購入派は資産ポートフォリオの偏りに注意!②

      「偏ったポートフォリオ&地価下落」で住まいは売却不能に!?前回の記…

    6. しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

      不動産知識・テクニック

      しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

      賞味期限切れ建物で目一杯稼いで最後は解体して土地で売る低価格帯の不…

    1. 相続対策の第一歩が踏み出せないワケ

      不動産知識・テクニック

      進まない相続対策に様々なギャップあり ​ 相続対策の第一歩が踏み出せないワケ
    2. 初歩からの農地法①

      不動産知識・テクニック

      初歩からの農地法①
    3. 負動産問題は挫折する!?

      不動産知識・テクニック

      負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
    4. 地元小企業なら自分らしく働けるのか?

      個人的なはなし・意見

      大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
    5. コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか③

      不動産知識・テクニック

      コロナショックでテレワークに適した理想的アフターコロナ住宅をお得にゲットできるか…
    PAGE TOP