両手取引はオススメしない

不動産知識・テクニック

売買を仲介する不動産会社の当然あるべき姿 両手取引をおススメしない理由 ​

仲介会社が売主・買主の利益を最大化するためには片側のみの媒介者に専念すべき

当たり前のことですが、不動産の売主はなるべく高く売りたいものです。逆に買主はなるべく安く買いたいものです。

仲介をする不動産会社は売主、買主の媒介人として相手方に交渉するのが役目ですが、一つの仲介会社が売主と買主の両方の媒介人を務める両手取引ではお互いの利益が相反し、どちらの味方かわからなくなりがちです。

できれば売主か買主のどちらかだけを担当し、相手方に別の仲介会社が入る取引形態が望ましいと言えます。

裁判で原告、被告それぞれに弁護士が付くようなイメージです。

不動産取引の先進国であるアメリカではそのようなスタイルが定着しています。

ところが、日本では両手取引を推奨しないという傾向がないどころか(民主党政権下で少しありましたが)、故意に両手取引・・・・・・・をするために、売主から売却の依頼を受けた仲介会社が他の仲介会社に物件を紹介しないことすら行われていましたが、そんな対応はゲスの極みな訳です。

そういった「囲い込み」はさすがに近年はなくなってきましたが。

両手取引だと仲介会社がどちらかに肩入れするかも

両手取引が特に弊害になるのは、

    仲介会社が買主から物件購入後に管理を受託したり、
    転売する際に再度仲介に入るといった見返りを得るために、

仲介会社が買主に有利な(売主に不利な)条件に誘導するような場合です。

売主は不動産を売ってしまえば終わりですが、買主は物件購入後の利活用で仲介会社にビジネスチャンスが発生することがあります。

それをエサに釣られるのです。

 
確かに、売主側の仲介会社とはいえ、売主の希望条件が相場よりも高い場合、成約のために値引きを求めることはありますし、一方的に売主に有利な条件を買主(もしくは買主の代理人)に提示するのが交渉として効果的な訳ではありませんが、

あくまでも売主の利益を第一優先しながら売却を成しえる現実的な提案をするのが売却を仲介する不動産会社のあるべき姿です。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割 ​賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割とは ​前のページ

自宅の売却スケジュール 特に住宅ローンが絡むときは注意 ​次のページ自宅の売却スケジュール

ピックアップ記事

  1. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
  2. 祖父の愛したゴミと不動産①
  3. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  4. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…

関連記事

  1. 負動産問題は挫折する!?

    不動産知識・テクニック

    負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?

    そもそも手をつけたくない負動産問題。何とか手を付けてもこれでもかとネガ…

  2. 刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには②

    不動産知識・テクニック

    刑務所出所者の賃貸を前向きに考えるためには②

    斡旋には関係各所の協力とオーナーへのメリットが不可欠前回、出所者の…

  3. 自宅の売却スケジュール

    不動産知識・テクニック

    自宅の売却スケジュール 特に住宅ローンが絡むときは注意 ​

    自宅の売却は世間的にはマイナーなカテゴリー自宅の”購入”に対して”…

  4. 賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割 ​

    不動産知識・テクニック

    賃貸物件の入居者募集における管理会社の最大の役割とは ​

    インターネットやスマートフォンにより借り手の物件探しが大きく変わってき…

  5. 賃貸物件に高齢者を受け入れるにはどうする?
  6. アパートにも修繕積立金
  1. しょっぱい不動産投資「月極駐車場」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資 「月極駐車場」編
  2. 不動産屋の広告はダサイ

    ダメな不動産

    不動産屋の広告はいつまでもこんなもんでいいのか!? ​
  3. 資産家の未利用地は納税用不動産かも

    不動産知識・テクニック

    相続対策はアパートを建てるだけではなく、納税用にあえて活用せずに残しておくことも…
  4. 相続のときに困る不良不動産とは?

    不動産知識・テクニック

    相続のときに困る不良不動産 あなたのご両親もお持ちかも!? ​
  5. 売却チェックポイント 完璧な隣地との境界の状態とは!?

    不動産知識・テクニック

    不動産売却のチェックポイント3 完璧な隣地との境界の状態とは!? ​
PAGE TOP