不動産屋の広告はダサイ

ダメな不動産

不動産屋の広告はいつまでもこんなもんでいいのか!? ​

不動産屋の広告は死語だらけ

  • 陽当り良好
  • 閑静な住宅街
  • 住環境に優れる
  • 東南角部屋
  • 人気の地下鉄沿線
  • 一見の価値あり

今時こんなキャッチコピーを広告に普通に入れているのが不動産業界の実情です。

それがまかり通る理由としては

  1. 上司がやっているので忖度して口出ししない
  2. 新しいキャッチコピーを考えるのが面倒くさい
  3. ダサさを超越した先の逆イケを狙っている

でしょうか!?

一応、どの辺がダメなのか理由を述べておきます。

ダメな理由① 「ダサくて顧客に笑われる」

老人限定に広告しているならアリかもしれませんが、物件を借りたり買ったりする層のセンターゾーンって30代とかなんですから、そんなキャッチコピーではハートに響かなかったり、気持ちが萎えたりするわけです。

ダメな理由② 「物件への思い入れがない」

「閑静な住宅街」ってどこがどういう風だから閑静なのかがさっぱり伝わってきません。

たぶん書き手もわかっておらず、せいぜい中級以上の住宅地という意味合いで使用しているのでしょう。

書き手自身が物件の周辺環境をよく把握しておらず、やっつけ仕事なのがバレます。

 

これだけ広告が溢れている時代にこれらのキャッチコピーでは、読み飛ばしていいチラシであり、かつ、自分たちは時代についていけなくなった不動産屋だと自ら宣言しているようなものです。

例えばどんなキャッチコピーならいいか?

もちろん色々なやり方がある訳ですが、

例としては

ちょっと見慣れない言葉を使って記憶に残す

類語を調べてレアな表現にしたり、言葉の響きにこだわりましょう。

×「閑静な住宅街」

〇「その街並み、気品に溢れ」

顧客の行動をイメージする

事柄の羅列だけでイメージを膨らませてくれる顧客はいません。

また、便利であることをアピールするため「便利」という言葉を強調しても、顧客に押し付けられているような反発が生じ逆効果となることがあります。

「便利」という言葉は使わずに便利であること想像させるよう工夫しましょう。

×「ツタヤ〇〇店(スターバックス併設)至近のため利便性高い」

〇「川沿い遊歩道 散策帰りにツタヤのスタバ」

 

ただ、こういったキャッチコピーは一つの広告で使用できるのはせいぜい2つが限度です。

もっと盛り込みたいときはアイコン

を使うといいでしょう。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

ビッグデータ解析による不動産査定不動産価格査定なんてビッグデータ解析で誰でも一瞬にできる時代がくる!?前のページ

建物状況調査制度はまだまだ道半ば、空気を読みながら姑息に対応すべし ​次のページインスペクション制度

ピックアップ記事

  1. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?
  2. 大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ①地元小企業のいいとこ…
  3. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
  4. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  5. ”負動産”はいったいいくらなのか ​

関連記事

  1. 投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​

    ダメな不動産

    投資用不動産商品にはなぜロクな物件がないか? ​

    多くの投資用不動産が投資の体をなさないのは業界の構造!?かぼちゃの…

  2. 不動産営業会社は動物園の猿山

    ダメな不動産

    不動産会社の営業都市伝説① 不動産営業会社は動物園の猿山 ​

    かつての不動産営業会社のヤリ過ぎっぷりを思い出してみる私はほぼ毎日…

  3. 業界団体は既得権を守るためにある

    ダメな不動産

    地銀が不動産仲介に参入したいって要望への不動産業界の反応がイタイ ​

    規制継続を望む業界団体と開放を望む社会 ロビイングまでして公正な競争と…

  4. 不動産会社のステカン
  5. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態とは…

    ダメな不動産

    これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態とは…

    私は就職超氷河期世代のなので就職は狭き門、やっとの思いでくぐり抜けても…

  6. 不動産業界の雇用・労働環境は不毛だが、日本の企業全体が不毛な環境に陥りつつあるって話

    ダメな不動産

    不動産業界の雇用・労働環境は不毛だが、日本の企業全体が不毛な環境に陥りつつあるって話

    前回の記事で不動産業界の不毛な雇用・労働環境について記載しましたが、…

  1. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    不動産知識・テクニック

    不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ
  2. 不動産の現場販売は終わるか!?②

    業界動向

    不動産の現場販売は終わるのか!?②
  3. しょっぱい不動産投資「築古戸建」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資「築古戸建」編
  4. 相続税取得費加算の特例

    不動産知識・テクニック

    相続税を支払った人もこれで少しは気が軽くなる!?「相続税取得費加算の特例」 ​
  5. 刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①

    不動産知識・テクニック

    刑務所出所者への賃貸住宅を前向きに考えるためには①
PAGE TOP