高齢者の入居ニーズを取り込むために物件を改修するといっても老人ホームと張り合うようなおおごとではない ​

不動産知識・テクニック

高齢者の入居ニーズを取り込むために物件を改修するといっても老人ホームと張り合うようなおおごとではない ​

賃貸物件に前向きに高齢者を受け入れていくのであれば、もちろん、高齢者が過ごしやすい物件であることが望ましいわけです。

どんな物件が過ごしやすいかというと、

  • 室内に段差がない
  • 廊下幅が広い
  • 手すり付き
  • 1階もしくはエレベーター付き
  • 周辺に坂がない
  • 徒歩圏にスーパーと病院がある
  •  
    条件全部満たすような物件はまずないでしょう。

    あったら入居者に困ってないはずです。

    もちろん、これ全部満たさないと入居者が集まらないという訳ではありません。

    そもそも、老人ホームと張り合う必要もありません、老人ホームとは違うニーズの客層なので。

    どんな高齢者のニーズを掴めそうな物件かを分析する

    高齢者といっても一括りにできません。

    収入が多い人も少ない人も、

    健康に自信がある人もそうでない人も、

    都会が好きな人も郊外が好きな人も、

    人との関りを求める人もプライバシーを重視する人も

    いろんな方がいます。

    さらに言えば、

    蓄えはあっても住まいは堅実に選ぶ人もいますし、

    これまでの住まいの条件が悪く全く高望みしない人もいますし、その逆の人もいます。

    なので、物件を分析して、

    どういったゾーンの高齢者の需要が見込めるか、

    より競争力を上げるためにどんな改修をすべきか、

    その改修は費用対効果が合うか、

    を検討すべきです。

    全ての高齢者をカバーする必要はありませんし、

    抜本的な変更を加えなければならないケースはむしろレアでしょう。
    (これまで何年もバリューアップせずにしのいでいた場合は別ですが)

    手の付けやすいところからやるべき

    例えば、防犯等の理由からあまり人気のない1階居室に高齢者からの入居希望があった場合、話し合いの上で、玄関や浴室に手すりを付けてみたり、1階の共用廊下をバリアフリーにしてみたりします。

    手すりの費用はそんな高額という訳ではありませんし、共用廊下をリフォームすればアパート全体の価値が上がります。

    逆に、丘陵地の団地等で坂ばかりのエリアだったり、道路と宅盤までの数メートルの高低差を階段を使って出入りするような物件を、入居希望者がいない段階で居室内だけバリアフリーにしたところでほとんど効果がない訳です。

    まずは情報に踊らされずに徹底的な物件分析を行うことが第一です。誤った分析をもとに対策を実行しても結果は危ういです。

    The following two tabs change content below.

    shiro-shita

    仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

    賃貸物件に高齢者を受け入れるにはどうする?賃貸物件に高齢者の入居を受け入れるならソフト面からってのを具体的に検討する アパートオーナーの入居促進策 ​前のページ

    土地の所有権を放棄したい時に放棄できる制度 放棄された土地は国が有効活用? ​次のページ土地の所有権を放棄したい時に放棄できる制度 ​

    ピックアップ記事

    1. これを読むと不動産業界では働きたくなくなる!? 不動産会社での雇用・労働の実態と…
    2. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話
    3. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
    4. 祖父の愛したゴミと不動産①
    5. 不動産向け融資が凍結されている今、「しょっぱい不動産投資」で糊口を凌ぐ

    関連記事

    1. 不動産会社の査定書の注意点とマユツバな会社の判別法
    2. 不動産知識・テクニック

      アパート・マンション自主管理マニュアル②「入居者クレーム対応」

      第2回は入居者からのクレーム対応についてです。アパート・マンシ…

    3. 不動産売却のチェックポイント動産の扱いについて

      不動産知識・テクニック

      不動産売却のチェックポイント4 室内外の動産ってやっぱりゴミなの!? ​

      引き続き不動産売却のチェックポイントについて記載します。<第1…

    4. 今後のアパート経営はより厳しくなる

      不動産知識・テクニック

      今後のアパート経営はより厳しくなる アパート経営者の心構え

      アパート経営は楽で儲かる?もし、自分で事業をするとしたら以…

    5. 不動産の価格査定書を見る上で最も大切なこととは?

      不動産知識・テクニック

      不動産売却時 査定価格の高さだけに目が行くと最も大切なものを見失う可能性大 ​

      不動産価格査定書は価格の高さを競うコンテストではない 査定価格が高…

    6. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方③

      不動産知識・テクニック

      賃貸住宅で失敗しない間取の見方③

      残念な間取が量産される理由前回まで実用性の低い残念な間取について記…

    1. 不動産売却のチェックポイント14 決済時に一緒に行う固定資産税等の精算は深入りするとメダパニ!

      不動産知識・テクニック

      不動産売却のチェックポイント14 決済時に一緒に行う固定資産税等の精算は深入りす…
    2. まっとうな投資か投資を装った情弱ビジネスか

      個人的なはなし・意見

      まっとうな投資か?投資を装った情弱ビジネスか??
    3. 不動産の価格査定書を見る上で最も大切なこととは?

      不動産知識・テクニック

      不動産売却時 査定価格の高さだけに目が行くと最も大切なものを見失う可能性大 ​
    4. 広告リテラシー

      個人的なはなし・意見

      広告リテラシー
    5. 不動産購入時における 交渉のポイントとは?

      不動産知識・テクニック

      不動産購入時における交渉のポイントとは? 不動産の買い手の最適化戦略②
    PAGE TOP