地元企業にすら満足に勤められない人はどうなるのか!?

個人的なはなし・意見

地元企業にすら満足に勤められない人はどうなるのか!?

そんな社会不適応社が零細企業経営者になるまで

その後の私はさらに地元小企業を渡り歩く…

前々々回の記事前々回の記事前回の記事で、私がリーマンショックで失職し地元企業に転職したもののその会社も程なくして辞めてしまった経緯をお話ししましたが、

私がその後どうなったかと言うと、

 
違う地元の不動産会社に転職しました。

 
前回あれだけ地元小企業についてネガティブなことを書きましたが、私にとってはそんな道しかなかったのです。

 
すでに業界に染まっていましたし、

これまでのお客様ともそのままお付き合いできますし、

何より勤める会社はこれまでお付き合いしていた会社なので採用試験なしですぐに働けます。

「いつから来れる?」って感じです。

 
そして、入社直後から役職者です。

経験者採用だからというより、地元小企業で役職手当なんて概念がなかったりするので、肩書きは対外的な意味合いしかなく、営業しやすいように自由にお選びくださいという感じです。

 
 
そんな風に気軽に入社して、どこの会社に入っても同じような顧客と同じような仕事をして、すでに転職回数を気にするレベルではなくなっていたこともあり、

ヘッドハンティング、会社都合退社を含めほぼ2年スパンで転職を繰り返しました。

グループ内の別企業への移動を含め、これまで在籍した会社は9社に上ります。

 
そして10社目が自分で作った会社です。

私が零細企業経営者になった理由

たくさんの会社に入っては辞めたので、

私に会社を見る目がないのか、それとも、私に勤め人として欠陥があるのか、と思うでしょう。

確かにそれもあります。

 
ただし、それよりも、

そもそもが会社ファーストではなく、自分ファーストで、独立志向があり、自分らしく仕事をしたいという思いが強いので、

いくら元々知り合いの社長の会社とはいえ、結局は他人が作った会社なので、心底しっくりくる訳ありません。

良く言えば理想が強く、仕事の仕方に妥協をしたくないのです。

 
仕事が嫌だったり、会社の人間関係が悪化して辞めた訳ではないので、喧嘩別れや出勤拒否はなく、すべての会社に今でも普通に顔を出せます。
(もちろんネガティブさが微塵もないといったら嘘にはなりますが)

 
不動産業界では私のように転職を繰り返している人が結構いますが、そういう人は攻撃力(営業力)が高い反面、守備力が低く稼いだ金を散財した挙句に会社の売上を抜く等の問題行動が多いですが、

私はそういうタイプではありません。

問題を起こしにくいですし、営業力も高くありません。

 
こんな風に私はピュアで野心が低いので、

起業したからってチヤホヤされない、たった一人なのでレバレッジが効かず儲からない、それでいて初期投資は必要で、リスクが掛かり、やらなければならないことが増えるのも知りつつも、

ひとえに無駄なストレスから逃れ自分らしく仕事がしたい、その一心で起業したのでした。

零細企業経営者の私のこれからは?

私のような思いで起業する人って一定数いると思います。

それでも、年数が経ち、「社長!」と持ち上げられるうちに勘違いし、空気を読めず、実務もできず、自分に都合いいようにだけものを考える拝金主義社に成り下がる人がいます。

 
そんなタチの悪い世の中のゴミに自分もなる日がくるのでしょうか。

 
それとも、そこに至る前にギブアップして11社目の会社に就職するのでしょうか。

 
 
どっちかと言うと後者の方が可能性が強いかもしれません…。

 
そんな吹かなくても飛びそうな世界で最も小さな会社を経営する私でした。ギネスブック載るかも。

The following two tabs change content below.

shiro-shita

仙台在住の”不動産コンサルタント” 就職超氷河期世代かつリーマンショックの直撃を受けたりと時代に翻弄され不動産会社を転々。苦く、しょっぱい経験に裏打ちされた不動産スキルはある意味ではリアルそのもの。

大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ②一部の地元小企業はヤバイ!大会社勤務に疲れたら地元の企業で自分らしく働いてみる!? ②一部の地元小企業はヤバイ!前のページ

一見すると安い投資用不動産あるある次のページ一見すると安い投資用不動産あるある

ピックアップ記事

  1. 祖父の愛したゴミと不動産①
  2. 不動産売却のチェックポイント1 権利証・登記識別情報通知 ​
  3. ”負動産”はいったいいくらなのか ​
  4. 不動産管理業はこれから厳しい!?将来誰も不動産管理してくれなくなる前に”アセット…
  5. 負動産問題に手を付けても途中で頓挫するのは何故!?

関連記事

  1. HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話

    個人的なはなし・意見

    HSPでサラリーマン向かないから仕方なく起業した話

    就職超氷河期世代でHSPで保守的な私が起業に踏み切ったワケ…

  2. 実はダメ人間多い事業家

    個人的なはなし・意見

    実はダメ人間多い事業家

    ダメ人間が事業家を志し、事業家であることでダメ人間っぷりが強化される…

  3. アラフォー就職超氷河期世代

    個人的なはなし・意見

    私を含めたアラフォー世代は被害者と認定される ただ、過酷な状況はエンドレスに続く模様 ​

    アラフォー世代はこれまで散々報われない時代を経てきましたが、それは単に…

  4. 事業者が壁にぶつかったときは根性よりも経営理念が大切

    個人的なはなし・意見

    事業者が壁にぶつかったときは根性よりも経営理念が大切

    事業者の価値観・判断基準は経営理念による前回は私が事業家が陥りがち…

  5. コロナによる事業者支援が泥沼化しそうに思えるが大丈夫か…

    個人的なはなし・意見

    コロナによる事業者支援が泥沼化しそうに思えるが大丈夫か…

    一貫性のない支援の先にはハザードが待っているのではないか!?世…

  6. アラフォー世代の負けモデルケース

    個人的なはなし・意見

    アラフォー世代 負けモデルケースってこんな感じ ​

    学歴社会とさんざん言われたものの、就職超氷河期世代の浮沈を決定的に分け…

  1. 自分探しの旅の末に発見した

    個人的なはなし・意見

    自分探しの旅の末に発見した不都合でしょぼい自分
  2. 「法人社宅」は賃貸住宅市場になくてはならないが、おんぶにだっこの賃貸経営で本当にいいのか!?

    不動産知識・テクニック

    「法人社宅」は賃貸住宅市場になくてはならないが、おんぶにだっこの賃貸経営で本当に…
  3. しょっぱい不動産投資「築古アパート」編

    不動産知識・テクニック

    しょっぱい不動産投資  「築古アパート」編
  4. 空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​

    不動産知識・テクニック

    空室が増えてきた賃貸物件の入居促進策ってどんなのがあるの? ​
  5. 賃貸住宅で失敗しない間取の見方②

    不動産知識・テクニック

    賃貸住宅で失敗しない間取の見方②
PAGE TOP